GTM-MML4VXJ
Skip to main content

スマートデバイスセキュリティ

logo_safetyvalue.gif

今日、企業におけるワークスタイル変革や事業継続、生産性向上などの観点から、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスを業務に活用するシーンが増えています。一方、スマートデバイスはまだ発展段階にあり、解決しなければならない課題も存在します。富士通は多くのお客様が懸念されているセキュリティ対策についての考え方とそれに基づくソリューションを提供し、安心安全に業務遂行できるようご支援いたします。

ソリューションの特長

スマートデバイスを業務に活用する際の脅威とリスクは、端末のみならず、ネットワーク、システム全体におよびます。したがって、端末のみのセキュリティ対策を行うのではなく、システム全体を俯瞰的にとらえ、対策を考える必要があります。
富士通は、お客様がモバイル環境を構築/見直しされる際に必要な、「1.端末単体での対策」、「2.ネットワークセキュリティ」、「3.端末・データの集中管理」、「4.セキュリティポリシー」を、お客様のシステム環境に合わせ最適化し、垂直統合型のソリューションをご提供します。

  • スマートデバイス単体のセキュリティ対策だけでは不十分です。
  • 各種業務システムとの連携を考えると、パソコンと同程度の対策が必要です。
  • BYOD(注1)など端末の利用形態が変化する中、全体のセキュリティポリシーの策定/見直しが必要です。

イメージ

(注1) BYOD(Bring Your Own Device) 個人所有のデバイスを業務に利用する形態。
(注2) MDM(Mobile Device Management) 遠隔からモバイルデバイスを管理する仕組み。

導入のポイント

〔ポイント別索引〕

ポイント1 「端末単体での対策」

大量のデータが保存でき、常時ネットワークに接続されているスマートデバイスでは、認証やウイルス対策、暗号化などのセキュリティ対策が必要です。また、軽く持ち運びしやすいことから、紛失・盗難時の対策も考えておく必要があります。

ポイント2 「ネットワークセキュリティ」

ネットワークを経由して社内の業務システムに接続されることから、認証やアクセス制御、暗号化などのネットワークセキュリティが必要になります。ネットワークのセキュリティを高めるためには、「FENICSⅡ ユニバーサルコネクト」というサービスを利用する方法や、ネットワークUTM(注3)などの製品を利用して、ネットワークを構築する方法があります。

(注3) UTM(Unified Threat Management) 統合脅威管理。

ポイント3 「端末・データの集中管理」

利用者任せになりがちな端末単体のセキュリティ対策の徹底を図るためには、MDMによる端末やデータの集中管理が必要です。MDMは、セキュリティ設定、リモートロック・データ消去、ソフトウエアの種類やOSのバージョンの管理、機能制限などの機能を持っており、端末の紛失・盗難、不正利用による情報漏えいや、危険なプログラムのインストールなどのリスクを低減させることができます。
また、業務データをクライアント端末に残さないシンクライアント方式を採用することで、端末を紛失しても情報漏えいのリスクを回避することができます。

ポイント4 「セキュリティポリシー」

新たにスマートデバイスの業務利用を行う際には、セキュリティポリシーの見直しが必要になります。特にスマートデバイスで想定される業務を明確にするとともに、BYODに関するポリシーの追加や、紛失・盗難、不正な持ち出し、マルウエア、人為的過失による情報漏えいなどのリスクアセスメントを行った上で見直しを行う必要があります。

導入事例

イメージ

株式会社メディセオ様

セキュアなタブレットの活用により、受注率の向上と業務効率化を実現

サービス/製品

星印(おすすめ)のついた商品は、セキュリティガバナンスを実現するおすすめ商品です。

カテゴリ 製品/サービス名
端末単体での対策 スマートデバイス 製品 おすすめARROWSシリーズ
ウイルス対策 製品 ViRobot Mobile Pro
製品 ウイルスバスターコーポレートエディション Plus
ネットワークセキュリティ ネットワークサービス サービス おすすめFENICS II ユニバーサルコネクト
サービス おすすめ携帯ブラウザ接続サービス
ネットワークUTM 製品 おすすめネットワークサーバIPCOM EX SCシリーズ
無線LAN(独立型アクセスポイント/簡単導入) 製品 おすすめSR-Mシリーズ
無線LAN(集中管理型アクセスポイント/高度な管理機能) 製品 ARUBA無線LANシステム
持ち込みデバイス対策(検疫) 製品 おすすめiNetSec Inspection Center
持ち込みデバイス対策(ネットワーク認証) 製品 iNetSec Smart Finder
端末・データの集中管理 クライアント仮想化(SBC方式) 製品 Citrix XenApp
クライアント仮想化(Citrix,仮想PC方式) 製品 Citrix XenDesktop
クライアント仮想化(VMware,仮想PC方式) 製品 VMware Horizon
クライアント仮想化(DaaS) サービス おすすめ仮想デスクトップサービス
リモートデスクトップ 製品 モバらくだ Desktop Access
製品 モバらくだ Virtual Browser
モバイルデバイス管理(MDM) サービス おすすめFENCE-Mobile RemoteManager
エンタープライズ・モビリティ・マネジメント(EMM) 製品 Citrix XenMobile
セキュリティポリシー 組織ポリシー策定支援 サービス おすすめ情報セキュリティ方針立案コンサルティング
セキュリティ対策支援 サービス おすすめ情報セキュリティ強化支援コンサルティング

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)