GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通セキュリティフォーラム2016

FUJITSU Security Forum 2016 日時:2016年11月30日(水曜日)9時45分~18時(受付開始9時15分) 会場:JPタワーホール&カンファレンス

「FUJITSU Security Forum 2016」では、巧妙化を増すサイバー攻撃に対応する当社の実践を踏まえた考え方と、研究中の技術を含む最新のセキュリティへの取り組み、更にパートナー企業様とのコラボレーションによる最新の脅威対策を事例を交えてご紹介いたします。また、サイバー攻撃への対応を疑似体験できるワークショップや、ハンズオントレーニング、最新のセキュリティ製品のデモもご用意しています。

フォーラムは終了いたしました

関連リンク

経営戦略としてのサイバーセキュリティ対策セミナーレポート

特別講演 開催概要 タイムテーブル アクセス お問い合わせ

特別講演

齋藤ウィリアム浩幸 氏 情報とセキュリティ
見落とされているサイバー攻撃への対策
内閣府参与
齋藤ウィリアム浩幸 氏

開催概要

名称:
富士通セキュリティフォーラム2016
日時:
2016年11月30日(水)
  • 9時45分~12時
    特別講演、基調講演リレートーク
  • 13時~18時
    セミナー、ワークショップ、ハンズオンセッション、デモ展示
会場:
JPタワー ホール&カンファレンス (JR東京駅南口)
アクセス情報はこちら
参加費:
無料(フォーラム当日も会場でご参加のお申し込みを受け付けております)
主催:
富士通株式会社

タイムテーブル

オープニングセッション

9時55分 ~ 10時45分

特別講演

タイトル
情報とセキュリティ
見落とされているサイバー攻撃への対策
講師
内閣府参与
齋藤 ウィリアム 浩幸 氏
概要
最新のサイバーセキュリティを取り巻く現状について紹介し、海外企業と日本企業を対比しながら、企業がサイバーリスクに強いIT環境を実現していくためのポイント、既存セキュリティ対策の崩壊と求められる発想の転換について解説します。

10時45分 ~ 12時

基調講演 リレートーク
サイバーセキュリティ時代における技術革新と人材育成

タイトル
経営者が行うべきサイバーセキュリティ対策とIPAの取り組み
IoT社会を見据えたこれからの人材育成
講師
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)理事長
富田 達夫 氏
概要
サイバー攻撃などの脅威の実例と経営者が行うべき情報セキュリティ対策について解説するとともにIPAが取り組む人材育成の諸施策をご紹介します。
タイトル
IoT時代の覇者は誰? 勝つために必要なモノは何なのか?
サイバーセキュリティ分野における、これからの技術トレンド
講師
日本電信電話株式会社 セキュアプラットフォーム研究所 所長
大久保 一彦 氏
概要
IoT時代には、「多様なデータを安全に活用」できる者、これまで安全だった筈のインフラやクローズドシステムへも及ぶ「新たなサイバー脅威への備え」を有する者が勝ち残ります。勝ち残るのための攻めと守りのR&Dをご紹介します。
タイトル
サイバーセキュリティ強化の新たな考え方
技術革新と人材育成の重要性
講師
富士通株式会社 エバンジェリスト
太田 大州
概要
サイバーセキュリティへの対応は、現在、企業において競争優位性の大きな決め手になりつつあります。本セッションでは、富士通のセキュリティ戦略の取り組みを支える新しい考え方をご紹介します。
  • arrow-next

サイバーセキュリティトラック

セキュリティ対策の 「あるべき姿」と「富士通における実践」
~技術・運用・人材育成~

13時 ~ 13時50分

タイトル
AIで支える、AIを支えるセキュリティ
サイバーセキュリティ対策からパーソナルデータ活用へ
講師
株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所 セキュリティ研究センター サイバー&データセキュリティプロジェクト プロジェクトディレクター
津田 宏
株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所 人工知能研究センター
丸橋 弘治
概要
サイバーセキュリティにAIは必須で、AI/データ利活用にデータセキュリティは必須です。本講演では、富士通のAI+セキュリティ、データを安全につなげるデータ保護やブロックチェーンの取組みを紹介します。

14時10分 ~ 15時

タイトル
最新のサイバー攻撃事例、対策研究動向と富士通の技術開発
「侵入されない対策」から「侵入されてもすぐに対処する対策」へ
講師
国立研究開発法人 情報通信研究機構 サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室 室長
井上 大介 氏
株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所 セキュリティ研究センター長
武仲 正彦
概要
サイバー攻撃の巧妙化で、従来技術では組織を防衛できなくなってきました。本講演では最新の攻撃事例と、組織への侵入を前提にした最新の国産対策技術研究をご紹介します。また富士通の研究開発とサービス応用についてもお話します。

15時20分 ~ 16時10分

タイトル
セキュリティ対策における運用とインシデント対応体制
被害を極小化するためのCSIRTの役割とその運用の勘所
講師
一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター 経営企画室 兼 エンタープライズサポートグループ 部門長 兼早期警戒グループ担当部門長
村上 晃 氏
概要
現在、セキュリティ対策は防御中心からインシデントを前提とした予防・検知へと変わりつつあります。本講演では、被害を極小化するために組織内CSIRTが持つべき役割とその運用について、CSIRT実装の勘所とともにご紹介します。
タイトル
富士通の自社セキュリティ対策について
富士通はどのように守られているのか?
講師
富士通株式会社 総務・リスクマネジメント本部セキュリティマネジメント統括部 統括部長
西嶋 勉
概要
企業に求められるサイバーセキュリティ対策について、富士通自身の取り組みから、CISO体制やセキュリティ監視運用(SOC)、インシデント対応(CSIRT)について、その考え方をご紹介いたします。

16時30分 ~ 17時20分

タイトル
専門性とリテラシー向上を目指すセキュリティ人材教育
産学連携によるシームレスで永続的なセキュリティ人材教育の取り組み
講師
九州大学 教授 サイバーセキュリティセンター長
岡村 耕二 氏
概要
セキュリティ教育はもはや専門的なものだけではなく、国民だれもが身につける必要のあるリテラシー教育的な側面も重要となってきました。本講演では、九州大学と富士通が産学連携で取り組んでおりますセキュリティ人材教育について講演します。
タイトル
サイバーセキュリティ技術者のつくり方
セキュリティ技術者の人材像と富士通の取り組み
講師
富士通株式会社 サイバーディフェンスセンター センター長 CISSP 富士通セキュリティマイスター
奥原 雅之
概要
年々高度化するサイバー攻撃に対抗するためには、さまざまな技術を持つセキュリティ技術者が必要とされます。今日のICT環境で求められるセキュリティ技術者の人材像と、産学連携をはじめとする育成に対する富士通の取り組みをご紹介します。
  • arrow-prev
  • arrow-next

クライアントセキュリティトラック

富士通のクライアントセキュリティ戦略
~Mobility & Security~

13時 ~ 13時50分

タイトル
一歩進んだワークスタイル変革
富士通が提唱するWS変革のためのセキュリティソリューション
講師
富士通クライアントコンピューティング株式会社(FCCL) 代表取締役社長
齋藤 邦彰
ネットイヤーグループ株式会社代表取締役社長兼CEO
石黒 不二代 氏
概要
企業にとって重要課題となっているワークスタイル変革を切り口に、セキュリティの問題を含む経営者の課題や、開発中のモバイル端末やセキュリティソリューションを、対談形式でご紹介します。

14時10分 ~ 15時

タイトル
WS変革を加速させるクライアントセキュリティソリューション
テレワークの推進には、今すぐに万全な情報漏洩対策を!
講師
富士通クライアントコンピューティング株式会社 営業推進本部 ソリューション販売推進統括部 統括部長
宮沢 義幸
概要
長時間労働の削減や多様な働き方への対応にはモバイル端末の活用が有効ですが、社外利用時には情報漏洩リスクも高まります。本セミナーでは、利用シーン毎にすぐに導入できる有効な対策を事例を交えてご紹介します。

15時20分 ~ 16時10分

タイトル
VDIを中心としたセキュリティの考え方
講師
富士通株式会社 サービス&システムビジネス推進本部 モバイルビジネス推進統括部 第一ビジネス部 部長
吉田 和博
概要
情報セキュリティを実現する一つの選択としてVDIが選ばれることがあります。
本セッションではVDIで実現できるセキュリティと実現できないセキュリティを解説、組み合わせることでより最適化するソリューションを紹介します。

16時30分 ~ 17時20分

タイトル
手のひら静脈認証で実現する確実な本人認証と利便性向上
~お客様とともに創る新サービス~
講師
富士通株式会社 金融イノベーションビジネス統括部 フロントビジネス推進部 マネージャー
森 樹久
概要
トップレベルの認証精度を誇る手のひら静脈認証。認証技術の動向、最新製品(10月リリース)、セキュリティだけでなく利便性向上の手段としてお客様と協創したグローバル事例を今後のビジネスのヒントとしてご紹介します。
  • arrow-prev
  • arrow-next

セキュリティベンダートラック

セキュリティベンダーと富士通の取組み
~最新技術・トレンド~

13時 ~ 13時50分

タイトル
富士通とパロアルトネットワークスが新たな脅威からお客様ビジネスを守る!
最新の脅威を防御するための対策
講師
パロアルトネットワークス株式会社 Unit42, Cyber Threat Intelligence Analyst
林 薫 氏
富士通株式会社 ネットワークサービス事業本部 プロダクト企画開発事業部 事業部長
舟田 隆司
概要
パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチームが調査している日本を狙うばらまき型や標的型攻撃の最新脅威動向とその対策を解説すると共に、富士通のテクノロジーとインテグレーションによる具体的なソリューションをご紹介いたします。

14時10分 ~ 15時

タイトル
“ライフサイクル”全体で考える脅威対策と富士通ソリューションでの実践
サイバーセキュリティ経営ガイドラインにおける技術対策
講師
マカフィー株式会社 セールスエンジニアリング本部 本部長
櫻井 秀光 氏
富士通株式会社 クラウドソリューション事業部 事業部長
石橋 潤一
概要
経済産業省サイバーセキュリティ経営ガイドラインで記載されている対策のポイントを解説します。Intel Securityが提唱するコンセプト「脅威対策ライフサイクル」と富士通ソリューションでの対策の実例をご紹介します。

15時20分 ~ 16時10分

タイトル
標的型攻撃の兆候を素早く捉えた迅速な初動対応によりセキュリティ強化を実現する方法
事例から導き出される運用のポイント
講師
トレンドマイクロ株式会社 プロダクトマーケティング本部 ネットワークセキュリティグループ ディレクター
大田原 忠雄 氏
株式会社富士通エフサス サービスビジネス本部 セキュリティインテグレーション統括部 統括部長
倉持 愼一郎
概要
標的型攻撃に対抗するためには、検知後の防御処置をいかに迅速に行えるかが重要です。
本セッションでは、導入後の運用までを考慮した標的型攻撃の対策を実現するためのソリューションについて、実事例を交えてご紹介します。

16時30分 ~ 17時20分

タイトル
サイバー攻撃に対し脅威防御と情報保護の2軸からの実践的対策
リオ五輪のサイバー攻撃とその対策の知見から対策ポイントを提言
講師
株式会社シマンテック 専務執行役員 Chief Operating Officer
外村 慶 氏
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ モダナイゼーショングループ セキュリティソリューション事業部 事業部長
宇治川 太一
概要
オリンピックは世界最大のスポーツイベントであるがゆえ比類無きサイバー攻撃が行われます。シマンテックはオフィシャルサプライアとしてサイバーセキュリティ対策を支援した実績から今企業で考慮すべきポイントを解説します。加えて、富士通が提供する情報保護ソリューションの独自サービスや導入事例を紹介します。
  • arrow-prev
  • arrow-next

体感ワークショップ

13時 ~ 13時50分14時10分 ~ 15時15時20分 ~ 16時10分16時30分 ~ 17時20分

タイトル
セキュリティレジリエンス強化支援サービス体感ワークショップ
模擬演習から学ぶ!サイバー脅威へ対抗する組織力強化
講師
株式会社富士通総研 第二コンサルティング本部 ビジネスレジリエンス事業部 チーフシニアコンサルタント
告野 信輔
概要
サイバー攻撃を技術対策のみで防ぐ事が難しくなった今、被害検知後いかに迅速かつ適切な対応ができるか、組織としての対応力強化が大きな課題となっています。富士通総研が提供するインシデント対応力強化演習をご体感ください。
  • arrow-prev
  • arrow-next

ハンズオントレーニング

13時 ~ 15時15時20分 ~ 17時20分

タイトル
サイバー攻撃におけるインシデント対応 ハンズオントレーニング
疑似環境を用いたデータの保全と解析(体験版)
講師
株式会社富士通ラーニングメディア
概要
本セミナーでは初心者の方向けに難しいととらえがちな「攻撃が行われたサーバ」の「保全」と「解析」の一部をご体験いただけます。
※セキュリティマイスター研修として提供している研修の一部をデモ講義でご提供いたします。
  • arrow-prev

12時 ~ 18時

展示デモ

手のひら静脈認証内蔵の最新タブレットや様々なPCセキュリティ製品が体験できます。
また、セキュリティの人材育成に関するコーナーもご用意致しました。
セッション受講前後に是非お立ち寄りください。

アクセス

JPタワーホール&カンファレンス

東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4階

JR東京駅 徒歩約1分
千代田線二重橋前駅 徒歩約2分
JR京葉線東京駅 徒歩約3分
JR有楽町駅 徒歩約6分
丸の内線東京駅 地下道より直結
三田線大手町駅 徒歩約4分
有楽町線有楽町駅 徒歩約6分

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

関連リンク

経営戦略としてのサイバーセキュリティ対策セミナーレポート

GTM-5HNCF9