GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Mobility IoT Platform

コネクテッドカーや自動運転車の普及により、車から得られる大量のデータをクラウドに収集し、人やモノに対して新たな価値を創出する試みが始まっています。
Mobility IoT Platformは、大量のデータをセキュアかつ効率的に収集し、クラウドAIによる学習・分析や、自動運転に必要な高精細3D地図の管理・配信、車に搭載されたソフトウェアを安全に更新する、などの機能を持つ、新たな価値・サービスを実現する基盤です。

Mobility IoT Platform 提供機能

あらゆるモビリティがつながり、人々の快適・便利・高効率な移動を支援するクラウドサービスをご提供いたします。

自動車ビッグデータ

車両に搭載されたカメラやGPS、加速度センサー、ワイパー、ライトなどから得られる情報を収集・分析し、製造・販売・アフターサービスなどの分野で価値があるビッグデータを生成します。また、天候や交通規制などの外部情報を含む多種多様なデータを収集・蓄積し、それらを分析することで未来の予測や異変の予見が可能になり、利用者個々のニーズに即したサービスの提供や業務運営の効率化、新産業の創出などができます。

クラウドAI

クラウドAIは収集・蓄積された自動車ビッグデータを分析・学習し、ナレッジやアルゴリズムとして集約と配布を繰り返すことで、コネクテッドカーをより安全に賢く成長させます。例えば、富士通がこれまで培ってきた画像処理や脅威学習などの技術を活用し、車の画像認識機能やセキュリティ機能の精度を向上させることができます。

ダイナミックマップ管理

自動運転で利用する高精度地図は、カーナビで利用する地図のように人の目に見える平面的なものではなく、三次元的な情報を持ったデータの塊のようなものです。これら静的な高精度地図に、障害物や渋滞といった動的な情報を重畳して管理し、ダイナミックマップとして自動運転車に配信することでスムーズな自律運転を支援します。

OTAリプロ

コネクテッドカーや自動運転車に求められる信頼性の向上や機能の追加において、電子制御ユニット(ECU)のソフトウェアを車両製造後にもアップデートできる仕組みが必要となります。OTA(Over-The-Air)リプロは、無線通信による高速かつ安全・確実なECUのソフトウェア更新を、富士通独自の差分生成・圧縮技術やスマートフォン・携帯電話のノウハウを活用したセキュアな配信技術により実現しています。

車載セキュリティ管理

コネクテッドカーの普及により車載システムの無線化が進んでいます。それに伴い、ハッキングによる自動車の乗っ取りや個人情報流出など、車載ネットワークに対するセキュリティ脅威が高まってきています。富士通は自動車システムを通信機器、車載ゲートウェイ、車載ネットワーク、ECUの階層に分け、階層ごとに最適なセキュリティ対処技術を提供します。

Mobility Solution「Mobility IoT Platform」に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)