デジタルマーケティング

顧客起点で創り出す、富士通ならではのデジタルマーケティング

Fujitsu Insight 2018

生活者の行動だけでなく、企業活動の大幅な変化に伴い、ビジネスの現場にもデジタル化の波が到来しています。わずか数年前まで一部の先進企業だけのものであった「マーケティングのデジタル化」も、デジタルマーケティングが注目されるにつれて取り組みを本格化させる企業が急増しています。
一方で、デジタルマーケティングに既に取り組んでいる、または取り組みを検討している企業の現場担当者にとっては、その進め方や組織間、システム間の連携方法など、非常に多くの課題を抱えているのも実態です。 今回、現場(LOB: Line of Business)部門と情報システム部門、それぞれの立場からデジタルマーケティングを見つめ直すことで、直面する課題の解決に向けた足がかりとなる最新の事例セミナー、デモブースを多数ご用意しました。

開催概要

  • 名称 Fujitsu Insight 2018 デジタルマーケティング
    日時 2018年12月11日(火)10時~18時
    会場 紀尾井カンファレンス
    定員 500名
    参加費 無料
  • 本イベントに関するスケジュールおよび開催内容は予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承ください。
  • 弊社の競合関係にあたる企業およびその代理店、個人の方の受講はご遠慮いただいております。また、申込者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。

本イベントは終了しました

タイムテーブル

10時~
12時15分

カンファレンス

  • M4-11
    [特別講演]
    業務プロセス改革まで踏み込んだ真のデジタルマーケティング

    デジタル技術の進化により顧客を理解するためのデータが溢れている中、顧客から高い満足を得ることに成功している企業は多くはありません。企業や組織、業務プロセスを改革させる真のデジタルマーケティングをトップマーケッターが紐解きます。

    神田 昌典 氏

    経営コンサルタント・作家
    アルマ・クリエイション株式会社代表取締役
    一般社団法人Read for Action代表理事

    CX-Firstでマーケティングをリフレームする

    モバイルデバイスやSNSが普及し、さらに販売チャネルが多様化することで消費者の購買行動は劇的に変化しています。消費者行動の変化への対応には顧客起点でのマーケティングが不可欠であり、そのための構想策定から実行までを一気通貫で行う必要があります。富士通が考える顧客起点のマーケティングとそれを実現する富士通のCX360について、お客様事例を交えながらご紹介します。

    富士通が取り組むB2Bデジタルマーケティング最前線

    BtoBのデジマケ活動は、ここ数年で実践検証のフェーズから成果を求められるフェーズに変わってきました。デジタルデータを分析してお客様の購買予兆を把握し、営業連携につなげ、成果を見える化する、富士通の最新の取り組み状況をご紹介します。

12時30分~
13時15分

ランチセッション

  • L4-11
    デジタルビジネスと社会課題に挑む

    実践のための5つのポイント

    DXの実現は日本企業においても待ったなしの状況にある中で、企業が勝ち残るために留意すべきことは何か?豊富な先進事例や実践例を示しながら、デジタルビジネスを成功に導くための5つのポイントを提言します。

13時30分~
18時00分

ブレイクアウトセッション

  • BtoCトラック

    主にBtoC企業(マーケティング主導型ビジネス)の現場担当者の方向けに、AIやデータ統合分析を活用した次世代のマーケティング手法、顧客サポートの未来についてご紹介します。

    S4-11 13:30-14:15
    自社の『CX(顧客体験価値)改善』で売上拡大を実現!

    お客様の『リアルな声とデータ』から進めるマーケティング変革

    S4-12 15:00-15:45
    成果に繋がるデジタルマーケティング戦略策定とWebサイトのあり方

    戦略策定・Web制作・基盤構築まで一気通貫で支援する現場より

    S4-13 16:00-16:45
    次世代型インターネット広告配信でROIを最大化

    AIと基幹データを活用しターゲティング精度を向上

    S4-14 17:00-17:45
    [パネルディスカッション]
    デジタル化の波がコンタクトセンターに及ぼす変革

    AI、RPA、デジタルチャネルがCX向上に役立つ理由

  • BtoBトラック

    主にBtoB企業(営業主導型ビジネス)の現場担当者の方向けに、日本企業ならではのWebサイトやMAの活用方法について、お客様事例、当社自身の実践知も交えてご紹介します。

    S4-21 13:45-14:30
    なぜ、MAはうまくいかないのか?成功に導く営業ドリブンマーケティングとは

    飛び込み営業はもう古い?デジタルで革新する営業手法

    S4-22 14:45-15:30
    企業活動を支えるこれからのWebサイトのあり方

    富士通の実践事例から紐解くリニューアルのポイント

    S4-23 16:15-17:00
    顧客獲得領域における1st Partyデータ×AI活用の可能性

    1st Partyデータは現場でどう使えるのか?富士通社内実践事例より

    S4-24 17:15-18:00
    これからの時代に求められる B2Bデジタルマーケティングとは

    Marketoが実現する顧客とのエンゲージメント

  • 情シストラック

    情シス部門の現場担当者の方向けに、システムの安定稼働と攻めのIT活用を両立させ、事業全体に貢献するために必要な考え方、実現手段など、具体的な事例を交えてご紹介します。

    S4-31 14:00-14:50
    データ活用促進のために情報システム部門が果たすべき役割とは

    最新のプラットフォームを用いた業務改善で事業拡大に貢献

    S4-32 15:20-16:10
    顧客ニーズを捉え売上拡大!世界No.1のCRMで実現する顧客接点改革

    Salesforceで実現するデジタルマーケティング実践

    S4-33 16:40-17:30
    ECも店舗も伸ばす!ヒマラヤが進めるデジタル接客の極意

    AIにも挑戦中!リアルオムニチャネルでオンリーワンを目指す!

Top of Page