GTM-MML4VXJ
Skip to main content

下水道氾濫検知ソリューション

下水道管路内の水位を監視、氾濫の兆候を即座に検知

近年、局所的な豪雨の多発や都市化が進んでおり、下水道氾濫の被害が甚大化する傾向にあります。そのため、浸水対策として下水道管路の増改築や迅速な水位情報の収集が求められています。
本ソリューションは、下水道管路内の水位を監視することで、局所的なゲリラ豪雨や市街化による下水道氾濫の被害を軽減することを目的としています。
浸水被害発生時の迅速な対応や周辺地域への情報配信を支援するだけでなく、中長期的には、実測値にもとづいた下水道管路施設の更新計画見直しにも活用できます。

下水道氾濫検知ソリューション概要図  

特長

  1. 大がかりな工事を行うことなく、既設のマンホールに水位測定機器を設置
    水位を測定する下水道管路内への電源や光ファイバーケーブルの敷設など大規模な工事が不要となります。そのため、導入コストの抑制が見込めます。
  2. 電池交換周期の大幅な長期化によるメンテナンスコスト削減を実現
    マンホール蓋の温度変化から得られるエネルギーを電力に変換する熱電変換ユニットを用い、水位測定機器に電力を供給します。
    標準的な利用条件で約5年間(注1)、電池交換が不要となります。
    (注1)電池交換が必要となる時期は、気象状況や測定周期などの条件に依存するため、5年間を保証するものではございません。
  3. 天候や測定箇所の特性に応じた、きめ細やかな水位情報の収集が可能
    水位の測定間隔は遠隔から動的に変更することが可能です。このため、消費電力を抑えながらきめ細かく水位情報を収集できます。収集された水位情報は、管路更新計画の策定に活用できます。
  4. あらかじめ設定された閾値に水位が到達すると、メール通知
    水位情報を定期的にクラウドに収積し、設定した水位に到達したことを検知すると、防災担当者にメール通知します。防災担当者はインターネット経由で水位の変化を確認できます。

利用シーン

豪雨発生時などに、防災担当者が水位モニタリングSaaSにて
下水道管路内の水位状況を把握できます。

<設備構成>

下水道氾濫検知ソリューション設備構成

  • 水位モニタリングSaaS
    ゲートウェイから送信される水位データを受信・蓄積し、下水道管路内の水位を可視化する。
  • ゲートウェイ
    街路灯などに設置し上位システムと3G網を介して接続、配下のセンサーノードを制御する。
  • センサーノード
    下水道管路内の水位データを設定された周期でゲートウェイへ送信する。
  • 熱電変換ユニット
    エネルギー・ハーベスティング技術を応用し、マンホール蓋の温度変化から高効率で発電する。
  • 水位センサー
    マンホールから下水道管路内に設置し、水位を測定する。

<画面例>

下水道氾濫検知ソリューション画面例

ハードウェア仕様

品名:SMHゲートウェイ、型格:QSIP-SMH-GW
動作温度 -10℃~40℃ SMHゲートウェイ、QSIP-SMH-GW画像
ゲートウェイ電源 商用100V
ゲートウェイ無線部 3G
外形寸法(突起含まず) 280mm×132.5mm×288mm
保護等級(防塵・防水) IP65

品名:熱電変換ユニット、型格:QSIP-SMH-EH
動作温度 0℃~50℃ 熱電変換ユニット、QSIP-SMH-EH画像
出力 1V(温度差20℃時)
外形寸法(突起含まず) 160mm×160mm×53mm
保護等級(防塵・防水) IP67
品名:SMHセンサノード、型格:QSIP-SMH-SN
水位測定周期 設定範囲:30秒~24時間 SMHセンサノード、QSIP-SMH-SN画像
動作温度 0℃~50℃
無線部 特定小電力無線 922.4MHz~928.0MHz、
20mW以下(暗号化)
外形寸法(突起含まず) 157mm×134.5mm×43mm
保護等級(防塵・防水) IP67

品名:水位センサー、型格:QSIP-SMH-WLS1
動作温度 0℃~50℃ 水位センサー、QSIP-SMH-WLS1画像
水位測定範囲 0~10m
保護等級(防塵・防水) IPx7以上
  • 開発元:富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
  • すべてオープン価格です。
  • 熱電変換ユニットは、株式会社富士通研究所にて開発したエネルギー・ハーベスティング技術を応用しています(特許出願済)。

下水道氾濫検知ソリューションカタログ
下水道氾濫検知ソリューション カタログ (878 KB/A4, 2 pages)
下水道管路内の水位を監視することで、局所的なゲリラ豪雨や市街化による下水道氾濫の被害を軽減する「下水道氾濫検知ソリューション」のご紹介カタログです。



お問い合わせ

下水道氾濫検知ソリューションにご興味のあるお客様は、お気軽にお問い合わせください。

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KHLF7T