GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ビジネス&テクノロジーソリューション >
  4. アナリティクス >
  5. 富士通のビッグデータ&BAソリューション >
  6. イベント・セミナー・研修会 >
  7. 【セミナー】富士通の情シスが語る!デジタル革新に向けたAI・IoTの活用とIT部門の新たな役割

【セミナー】富士通の情シスが語る!
デジタル革新に向けたAI・IoTの活用とIT部門の新たな役割

【セミナー】富士通の情シスが語る!デジタル革新に向けたAI・IoTの活用とIT部門の新たな役割

イベント概要

AIやアナリティクスのデジタル技術を駆使した経営や業務のデジタル化が求められる現在、富士通のIT部門は、専門組織BICC(※)を設立、「グローバルアナリティクスサービス」の基盤構築を実現し、分析サービスを提供することで経営の意思決定のスピードアップ、様々な業務の効率化、大幅なコスト削減策など、成果を上げています。
本セミナーでは、富士通の実践事例について、実際に本サービスを推進したBICCのセンター長より取り組み内容と成果を上げるポイントについてご紹介します。ぜひIT部門の皆様にお役立て頂きたく、この機会にご参加ください。

※BICCは、ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センターの略

【開催概要】
開催日時 2017年5月31日(水曜日)15時~17時(受付14時30分~)
会場 富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル30階(JR浜松町駅直結)
定員 50名
受講料 無料
受講をお勧めする方

CIO・IT部門のお客様
◆データやAI・アナリティクスで経営や業務部門のビジネス成果を向上させたい
◆IT部門の新たな役割・次世代情報活用基盤に関心がある

主催 富士通株式会社
詳細 案内状 (655 KB)
内容
1 グローバル拠点のデータを分析・徹底活用!
BICCによるグローバルアナリティクスサービス社内実践事例ご紹介

講師:
IT戦略本部 BICCセンター長 木村 光義

本セッションでは、BICCの設立から、グローバルアナリティクスサービスの構築、海外拠点のオペレーショナルデータと社内外のビッグデータを統合した上で、グローバル経営や経理、購買など、業務部門のデジタル革新を実践している取組みについて、推進上のポイントを交えてご紹介します。

<実現しているサービス>
【1】グローバル経営ダッシュボードとセルフサービスBI
【2】自動翻訳・名寄せサービス
【3】外部情報と社内データの相関関係分析サービス(LOD活用)
【4】機械学習による需要予測サービス
【5】音声/画像と業務データ融合サービス
【6】AIを活用したFAQ自動応答サービス

2 情報利活用/デジタル革新の進め方

講師:
デジタル事業本部 シニアディレクター 岩本 昌己

デジタル技術によって、グローバル経営や業務をどのように高度化していくべきか、富士通は、社内実践で培われたノウハウを踏まえてお客様を全面的にバックアップいたします。
社内実践に参画したメンバーがデジタル革新の進め方、体系化したノウハウとお客様へご提供するサービスについてご紹介します。

お申し込みはこちら

注意事項

  • 席数に限りがございますので、お早めにお申込頂けますと幸いです。
  • また、同業他社様および個人の申し込みはご遠慮願います。
  • 事前に予告なく講演内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

イベントセミナーの申込み・変更キャンセルについて

  • お申込者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。何卒ご了承ください。
  • セミナー受講の変更・キャンセルなどをご希望される場合は、下記お問い合わせ先へご連絡をお願いします。
  • お申し込みの際に、富士通IDをご利用または新規登録されたお客様は、下記のリンクよりWeb画面でお手続きいただけます。
  • イベントセミナーの確認・キャンセル

関連情報

お問い合わせ先

富士通のビッグデータに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

138-BFF-042
GTM-PVRH9M