GTM-MML4VXJ
Skip to main content

10種のオファリング ~ビッグデータの活用による価値創造~

10種のオファリング ビッグデータ活用による新たな価値創造

富士通は、ビッグデータに関する製品・サービス群を体系化した「FUJITSU Big Data Initiative」の継続的な取り組みとして、お客様に最適なビッグデータ活用を提案する10種のオファリング(課題解決メニュー)をご提供いたします。

10種のオファリング 体系図 業務プロセス改革 マーケティング高度化 商品・サービス強化

これまで、新たなビジネスの創出やソーシャルイノベーションなど、新規分野への適用に向けての先進的な取り組みとされていたビッグデータ活用は、スマートデバイスの普及やセンサー機器の高度化に伴い、現場で発生する様々なデータを利用することが可能となり、既存業務における効率化や精度向上といったお客様の課題解決に対する現実解としても認識され始めています。

富士通では、ビッグデータ活用に関する取組みや活用事例を通じ、市場性の高い利用シーンを3つのテーマを切り口に10種の具体的なソリューションにオファリング化。当社のサービス・プロダクト、独自技術を組み合わせた実装モデルとして提供することで、お客様に最適な活用シーンと確実な効果をアシストいたします。

オファリング一覧

10種のオファリングカタログ表紙

ビッグデータの活用事例から、具体的なソリューションのオファリングを紹介したカタログをPDFデータでダウンロードいただけます。

PDF ダウンロードはこちらから [2.83MB / A4・16ページ]

(ダウンロードには富士通IDへの登録とアンケートの回答をお願いいたします。)

業務プロセス改革

マーケティング高度化

商品・サービス強化

富士通のビッグデータに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)