GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コラム・関連記事

[FUJITSU JOURNAL]ビッグデータが生み出す新たな価値とは? 詳しく見る

コラム

新たな未来の到来 ~ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ~

あらゆるモノがつながっていく新たな世界「ハイパーコネクテッド・ワールド」では、人がどのようにテクノロジーを使ってイノベーションを生み出すかが鍵となります。富士通は、ICTを活用してより安全で豊かな、持続可能な社会を築く「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」の実現に向け様々な企業活動に取り組んでいます。

ビッグデータ活用を成功に導く ~目的の明確化からお客様を支援~

ビジネスにおいてビッグデータの活用を検討する場合、「データありき」ではなく、「データを活用し、どのように経営に貢献するか」といった目的の明確化が重要なポイントとなります。富士通は、ビッグデータ関連の商品やサービスを「FUJITSU Big Data Initiative」として体系化しお客様のビッグデータ活用の最適化を実現していきます。

ビッグデータの活用で実現するスマートモビリティ社会 ~ビッグデータ活用を可能にするモビリティプラットフォーム~

あらゆるモノがネットワークでつながるInternet of Things(IoT)の時代を迎える今、富士通は自動車・交通分野のビッグデータ活用により、世界中の都市交通課題を解決し、持続可能なモビリティの実現に寄与していきます。

全数データとパネルデータの融合がより良い暮らしの提案を支援

2013年5月16日、ICTサービス最大手の富士通と広告業界最大手の電通は、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業を発表しました。ICTベンダーと広告代理店、まるで両極に存在するかのような文化・慣習を持つ業界同士の協業が、何を目的として何を生み出そうとしているのかをご紹介します。

豊かな食の未来へICTで貢献 ~食・農クラウドAkisaiがもたらすソーシャルイノベーション~

富士通は2012年、生産現場でのICT活用を起点に流通・地域・消費者をバリューチェーンで結ぶサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」をスタートしました。ヒューマンセントリック社会の実現に向け、様々な分野で発生する大量情報を収集し、ICTを活用した分析を行うことで、新たな価値やサービスの創出を実践しています。

オープンデータの活用による地域課題の解決に向けて ~自治体オープンデータの活用に向けた富士通の支援サービス~

2012年7月に定められた「電子行政オープンデータ戦略」を契機として、国、自治体等において、オープンデータへの取組みが活発になってきました。富士通は、様々な局面での「データ活用」への支援を行うことで、地域課題の解決に貢献していきたいと考えています。富士通がこれまで実施したオープンデータ「活用」の取り組み事例と、支援サービスのラインナップをご紹介します。

IoTがもたらす新たなるビッグデータ ~クラウドと現場の処理を融合することで新たな発見が得られる~

IoT(Internet of Things)は、2020年には、世界で年間約200兆円の新規市場を創出すると言われており、様々な新技術や新サービス、先行事例などが出始めています。しかし、IoTとして現場で発生する大量のデータは、ほとんど活用されていないのが現状です。富士通では、これら多くの活用されてないデータを活用するため、クラウドと現場の処理を融合させることでの、ドラスティックな解決技術を提案しています。

医療データ解析への期待と課題

ゲノム解析によって患者の命を救ったり、投薬効果を予測するなど、ゲノム情報が臨床応用される時代に入りました。富士通は、2013年12月に「未来医療開発センター」を設立し、ゲノム・臨床情報等を包括するマルチオミックス情報を付加した次世代電子カルテの構築および個人向け健康情報サービスの事業化をめざして、医療機関・大学・企業等との共同研究を進めています。

大量のデータを活用するということ

私たちの身近で現在行われているデータ活用とは、大量のデータから知識を得ることです。知識の元となるデータの総量は、2年で10倍に増えていると言われており、数年前とは比較にならないほど増大しています。企業や組織として、これらのデータを効果的に活用していくためのコツと、データ活用モデルを作成する富士通のサービス、「FUJITSU Intelligent Data Service データキュレーションサービス」をご紹介します。

AI・機械学習の魅力とワナ

ビッグデータという言葉が生まれて数年が経ちました。最近では、「ビッグデータから新たな価値を創出」といった類の事例報告が毎日のように紙面を賑わすようになってきています。これは、多くの企業や自治体で、具体的なビッグデータの活用が進んでいることの表れです。そして、これらの多くの事例で利用されている技術に機械学習があります。本稿では、機械学習の魅力とワナを紹介し、今後の展望を述べます。

関連記事

富士通のビッグデータに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)