Zinraiディープラーニング システム

オンプレミス環境で提供するディープラーニング基盤

Zinraiディープラーニング システムは、高速GPUを搭載したサーバとストレージ、およびディープラーニングに必要なソフトウェアを最適統合し、動作検証してご提供するシステムです。

特長

検証済の統合ディープラーニング基盤

ハードウェア・ソフトウェアをディープラーニングに最適な組み合わせで検証・構築しているため、お客様はインストールや設定を行うことなく、スピーディーに利用開始することが可能です。

GPUカード1枚からスモールスタート

お客様要件に応じて、GPUカードを1~8枚選択可能です。導入後の利用者・学習量の増加にあわせて段階的な拡張が可能です。

運用管理機能によりマルチユーザ環境でも簡単システム運用

複数のユーザが利用する環境においても、各ユーザは運用管理者に割当てられたGPUを占有でき、常に安定した性能を維持可能です。また、ユーザは割当てられたユーザ環境にのみアクセス可能なため、ユーザ間のセキュリティを確保できます。

ワンストップサポートでサービスレベル最適化

SupportDeskでハードウェアとソフトウェアをワンストップサポートが可能です。日本全国のサポート拠点ネットワークにより、迅速な障害対応を実施いたします。

仕様

Zinraiディープラーニング システム

ハードウェア構成

構成品仕様
エントリーモデル
100E
ミッドレンジモデル
100M
外観deep-learning-system_100edeep-learning-system_100m
学習サーバGPUNVIDIA®Tesla®V100 x 1~8NVIDIA®Tesla®V100 x 4~8
CPUIntel® Xeon® E5-2690v4 x 2
メモリ256~512GB
内蔵ストレージシステム領域:2 x 4TB HDD RAID1(注1)
データ・バックアップ領域:4 x 4TB HDD RAID5(注1)
システム領域: 2 x 4TB HDD RAID1(注1)
バックアップ領域:2 x 4TB HDD RAID1(注1)
ストレージ接続方式― (注2)Ethernet (10Gbps)
ドライブ構成データ領域:1.8TB HDD x 6~(RAID5+ホットスペア)
質量(最小構成時、ラック本体の重量を除く)約 32kg約 100kg
ラック占有ピッチ(最小構成時、システム全体)4U12U
電源条件AC 200V 50Hz / 60Hz
使用環境温度 10~35℃ 湿度 20~80%

(注1) 本容量は1TB=1,000GB、1GB=1,000MBとして計算した値です。
(注2) 学習データは学習サーバ内蔵ディスクに格納します。

ソフトウェア構成

名称
OSUbuntu(ホストOS), CentOS(ゲストOS)
ディープラーニングフレームワークCaffe, Chainer, TensorFlow, MXNet
ディープラーニングソフトウェアTime Series Data Analysis(時系列データ解析)
エッジ連携用アプリケーション開発キット
Jupyter Notebook(Web UI)
監視ソフトウェアZabbix

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

Contact Zinraiディープラーニングシステムに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ