GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SupportDesk Standard ソフトウェア関連 Red Hat JBoss Middlewareサポートサービス

Red Hat JBoss Middlewareとは

Red Hat JBoss Middlewareは、JBoss Community、Apache Software Foundation、Eclipse Foundationなどの様々なオープンソースコミュニティーのソフトウェアから安定した技術、バージョンを再構成した企業向けのミドルウェアソリューションです。開発の「高速化」、シンプルな「統合化」、そして「自動化」の機能により、新たな価値を提供します。

富士通では、SupportDeskで以下の製品のサポートを提供しています。

Red Hat JBoss Middleware ラインナップ

(注)ラインナップは順次拡大中です。 詳細は弊社営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

サービス内容

サービスご利用者に対してサービス管理者IDを発行し、OSC(One-stop Solution Center)でお問い合わせを受け付けます。また、レッドハット社のホームページ(Red Hat Network、以下RHNと表記)を利用するために必要なサブスクリプションの入手作業を代行することで、対象ソフトウェアのソース、バイナリコードおよびマニュアルを取得できる環境を提供します。

(1)問題解決支援

電話・Fax・SupportDesk-Web・E-mailによりサポート対象ソフトウェア運用時の以下の質問・相談を受け付け、電話で回答します。

  1. 対象ソフトウェアの仕様、操作方法に関する質問
  2. 対象ソフトウェアが正常に動作しない場合における原因調査、回避措置に関する質問・相談

(2)SupportDesk-Webによる情報提供

ご契約ユーザー専用のホームページ(SupportDesk-Web)にて、以下のサービスを提供します。

  1. 対応履歴の提供

(3)サブスクリプションの提供

RHNを利用するために必要なサブスクリプションをサービス開始日に合わせて提供します。

対象プラットフォーム

(1)対象ハードウェア

  • PRIMERGY
  • PRIMEQUEST 1000/2000
  • SPARC M10

(2)対象OS

  • Red Hat Enterprise Linux
  • Windows
  • Oracle Solaris

価格・お支払い方法

サービス価格は、ご利用のサブスクリプションにより異なりますので、別途、お見積りさせていただきます。弊社担当営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

  • お支払い方法:年額払い

イメージSupportDeskサービスにおいて、法律改正により消費税が改正された場合に消費税の新税率と旧税率の差額を別途請求させて頂くことがあります。詳細は弊社担当営業または販売会社担当営業にお問い合わせください。

富士通のRed Hat JBoss Middleware への取り組み

2003年5月 ミッションクリティカルなLinuxソリューションの提供でグローバルに提携して以来、レッドハット社と富士通は堅密なパートナーシップを継続してまいりました。
2011年11月には JBossプレミア・ビジネス・パートナー契約を締結し、Red Hat Enterprise LinuxからRed Hat JBoss Middlewareまで一貫して製品およびサポートの提供を実施しております。

Red Hat JBoss Middlewareサポート 対象製品紹介

(1) Red Hat JBoss Enterprise Application Platform

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(EAP)は、最新のJavaアプリケーションに対応したトップクラスのオープンソースプラットフォームであり、Red Hat JBoss Middlewareの基盤となるものです。柔軟性に優れているため、物理、仮想環境にデプロイすることが可能です。JBoss EAPは、Spring、Struts、Google Web Toolkitなどの、Javaベースのフレームワークを幅広くサポートしています。

(2) Red Hat JBoss Web Server

Red Hat JBoss Web Serverは、Java Webアプリケーションをホストする、完全に統合および認定されたコンポーネントセットです。業界をリードするWeb サーバ(Apache HTTP Server)、人気が高いApache Tomcat Servletコンテナおよびロードバランサ(mod_jkおよびmod_cluster)、Tomcat Nativeライブラリおよびその他から構成されます。

(3) Red Hat JBoss BRMS

Red Hat JBoss BRMS は、ビジネスルール管理のためのオープンソースプラットフォームです。物理、仮想、モバイル環境でビジネスロジックを取り込み、アプリケーション開発を加速し、ビジネスの意思決定を自動化できます。その結果、ビジネスの俊敏性の向上、一貫した効率的な意思決定、市場投入期間の短縮を実現できます。

(4) Red Hat JBoss Data Virtualization

Red Hat JBoss Data Virtualizationは、異なるアプリケーションやデータベースに含まれるデータを共通のビューで表示できます。データの仮想化は、単一の重要なアプリケーションプロジェクトにおいて、あるいは部門または企業全体に渡り、データソースとアプリケーション間を仲介する再利用可能なデータサービス層を作成することで、データへのアクセスを簡素化します。これにより、所有しているデータが必要な情報に変わります。

(5) Red Hat JBoss Data Grid

Red Hat JBoss Data Gridは、インメモリデータグリッドソリューションです。使用頻度の高いデータに対して迅速かつ信頼性に優れた方法でアクセスが可能となり、アプリケーションを柔軟に拡張できるようになります。Java、.NET、C#、Pythonを含むあらゆる種類のアプリケーションをサポートしており、データキャッシング、データレプリケーション、および分散コンピューティングサービスなどの機能が備わっています。過負荷のデータソースを開放しながら、管理を簡素化し、クエリ、トランザクション、イベントのパフォーマンスを向上させます。

各製品の詳細はこちら (レッドハット社)Open a new window


カタログ・資料ダウンロード

SupportDeskの製品カタログやパンフレットをダウンロードしてご覧いただけます。(登録不要)

ダウンロードはこちら

今すぐSupportDesk-Webを体験!

実際のWeb画面を見ながら、お客様専用ホームページの機能をお試しいただけます。(登録不要/インストール不要)

ご利用案内・体験ページはこちら

製品に関するサポート情報・窓口をお探しの方は、以下のWebページをご覧ください。

個人のお客様向け富士通パソコンのサポート

法人向け製品に関するお問い合わせ窓口

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)