GTM-MML4VXJ
Skip to main content

メディアプラットフォーム

ico_media-technology.gif

静止画・動画などのメディアデータを処理するための様々な先進映像技術をプラットフォームとして提供

企業・個人を問わず、ネットワークを利用して映像コンテンツを気軽に発信・閲覧できるようになり、その活用シーンは今後ますます増えていくと考えられます。

映像コンテンツは文字情報だけでは表せない多くの情報を効果的に伝えられる一方、お客様のソリューションで利用するには、専門的な知識や高負荷な処理に耐えられるシステム環境が必要とされ、導入へのハードルとなる場合もありました。

メディアプラットフォームは、映像コンテンツの高度な処理に必要な最先端の映像技術を提供することで、お客様の新たなビジネスにおけるソリューションやサービスへの容易な映像コンテンツ活用をサポートします。

img_mediacloud.jpg

見たい映像コンテンツを瞬時に検索

映像コンテンツは情報データと異なり、見たいシーンを探したり、含まれている内容を確認することが容易ではありません。
メディアプラットフォームは、映像コンテンツを情報データと同じように扱うことができるよう、映像技術を応用して内容を解析し、インデックス化する仕組みを備えています。

img_media-cloud02.jpg

見たい/見せたいものをハッキリ鮮明に

監視カメラ等の映像は、照明の状態や天候/時間帯などの影響により、暗すぎたり白飛びしたりして映っているものが見えない事がよくあります。
メディアプラットフォームの「視認性向上技術」は、画面の中の暗い部分を明るく、明るすぎる部分は明度を抑えて画面全体を平均化して見やすくし、既存の監視カメラもより有効に活用する事ができます。

img_media-cloud03.jpg

さまざまなソリューションに映像処理を組み込み

業種アプリケーションや企業内アプリケーションで映像コンテンツを扱う機会が増えてきています。しかし、映像処理を組み込んだ開発は専門知識が必要であり、開発コスト・システム設計が容易ではありません。
メディアプラットフォームは、映像処理ライブラリや分散処理の仕組みをXMLをベースとしたAPIで簡単に組み込むことが可能であり、既存アプリケーションへの付加価値創造を実現可能です。

企業から個人まで映像コンテンツの有効活用

映像コンテンツは、閲覧する端末の普及、ワイヤレスネットワークの進化によりいつでも・どこでも気軽に利用できるようになりました。
公共・企業活動においても、営業用ツール、企業内コミュニケーションツールだけでなく、現場作業端末やタブレット端末とのクラウド連携などの利用シーンも増えてきています。
メディアプラットフォームは、お客様の様々な業務を支える技術としてお客様とともに進化を続けていきます。

次世代の映像・コンテンツ配信がお客様のビジネスを拓く


映像ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)