Skip to main content

富士通の先端映像技術

映像・メディア技術研究の応用

ico_media-technology.gif

機器からヒトへと歩み寄るインターフェースをめざして

パソコンや携帯電話、デジタル家電、カーナビなどのICTを活用した機器とユーザーとのインターフェースとして、映像・音声・文字や図形の役割はますます重要になっています。富士通研究所では、人にやさしいサービスを提供するために必要な、機械が人間に歩み寄るインターフェース技術として、音声合成、音声処理、手ぶれ補正、電子ペーパー、画像圧縮、文字認識、自動画質補正、動画のシーン認識/検索などの最先端の技術研究を進めています。

研究技術の例

画像圧縮技術
文字認識技術
自動車で使う新技術
音声合成/音声信号処理技術
自動画像補正技術

導入事例のご紹介

世界初!超高精細映像を実現するスーパーハイビジョン映像伝送システム用コーデック装置を開発

日本放送協会 放送技術研究所様にH.264符号化方式の研究開発用装置を納入

世界初、車載用ディスプレイの直射日光補正機能を搭載したLSI「Vivid View Processor(tm) 3」を開発

カーナビゲーションブランド「ECLIPSE」を展開する富士通テン(株)は、世界初車載用ディスプレイに直射日光が当たった際の視認性を向上させるLSI「Vivid View ProcessorTM 3」を、富士通セミコンダクター(株)および(株)富士通研究所と共同開発しました。このLSIでは、LEDバックライト制御による省電力化も実現しています。

詳細情報

映像技術 富士通研究所によるメディア処理に関する最新研究技術

映像関連デバイス

ico_media-technology.gif

世界の映像機器を支える富士通の画像処理デバイス

デジタルカメラ、ビデオカメラ、携帯電話などの高画質化を支えるのは、増大する画像処理データを高画質かつ高速で処理する技術とそれを実現するデバイスです。
富士通は、長年にわたり世界のカメラベンダーから高く評価されてきた画像アルゴリズム、H.264のコーデック技術をさらに進化させ、高画質静止画、高精細なフルハイビジョン動画を支えるデバイスを提供し続けています。

映像関連デバイスの例

デジタルカメラ/ビデオカメラ向け画像処理LSI
グラフィック処理LSI
H.264トランスコーダLSI

導入事例のご紹介

イメージングプロセッサ「Milbeaut®」新製品を発売

第7世代アルゴリズムによる高性能を新構造DDCトランジスタによる超低消費電力テクノロジで実現

詳細情報

メディアプラットフォーム

ico_media-technology.gif

最先端のメディア処理技術(映像・画像・音声処理)を集約し、プラットフォームで提供

動画・静止画・音声などのメディアを利用する技術は、デジタル化、高精細化(4K/8K)に伴いますます高度化し、利用端末もデジタル家電やスマートフォン/タブレット端末など、多様化しています。

映像メディアの高度利用時の課題である、専門的な画像処理、多様な端末への対応、膨大なデータ処理を解決します。豊富なリソースによる映像変換/蓄積、画像の特長や音声/テロップ/シーン抽出などの様々な最新メディア処理技術をプラグインとして提供。アプリケーションと組み合わせることで、新たな付加価値の提供を実現します。お客様の利用形態に合わせ、オンデマンドで利用する事ができます。

プラグイン機能例

映像内のテロップ/音声情報を自動で抽出、見たいシーンを簡単検索
テキストデータを自動翻訳、音声ファイルに変換
大量の動画素材の高速エンコード/トランスコー
大量の画像、動画の中から、類似画像をマッチング検索
画像/映像の色や明るさを見やすく補正
画像解析による様々な映像監視

このソリューションを実現する製品/サービス

次世代の映像・コンテンツ配信がお客様のビジネスを拓く


映像ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)