GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コンセプト

「映像×ICT」が実現する豊かで高度な映像ソリューション

映像技術の変化と進化の中でソリューションを創る

いま映像利用分野はパラダイムシフトともいうべき一大進化の時代を迎えています。企業、個人を問わず、ネットワークを利用することで動画、音声、画像、テキストなどを世界に発信することができるのです。その背景には、ICTにより、映像を取り込み、加工・編集し、送信するコストが劇的に安くなったことがあります。しかもインプット、アウトプットする機器は小型・モバイル化し、場所、時間、ユーザーの操作スキルを問わず、映像を表現・伝達することが可能に、身近なものになったのです。
富士通は「映像×ICT」による映像新時代におけるリーディングカンパニーとして、高度で豊かな映像ソリューションをクリエイトしていきます。

img_concept.jpg

長年にわたる映像技術がICTと融合し花開く

「映像×ICT」による映像新時代にご提供する富士通の最新映像ソリューションは、長年にわたる研究活動に基づいています。
富士通は、常に映像の先端を行く最新技術の開発、実用化に取り組んできました。例えば、動画圧縮企画技術への取り組みは30年前にさかのぼります。とりわけH.264における応用は、高画質を求める放送分野において、全米映画テレビジョン技術者協会(SMPTE)を始め世界の放送業界でグローバルに高い評価を得ています。またICT時代の黎明期より、デジタルデータとして表現されるあらゆるコンテンツの著作権を保護、制御するDRM技術、動画、音声データなどを対象にした高度な解析・処理技術にも取り組んできました。
富士通は、これらの映像技術をよりハイレベルなICTと融合させ、より便利に、より使いやすく、より安心・安全に、豊かな社会の実現に貢献する映像ソリューションを用意しています。

お客様とともに市場ニーズを創造する映像ソリューションの数々

すでに様々の映像ソリューションが、各ビジネスシーンにおいて実績を上げています。映像コンテンツの販売・PR・教育活用分野、多様化・双方向化するサイネージの分野、ネットワーク・サーバ環境の強化・安定化の分野、映像によるナレッジ共有、フルHD映像の分野、映像監視分野です。

映像ビジネスの近未来とそれを実現する映像テクノロジー

富士通は、半導体から各種情報機器の開発・製造、さらにはスーパーコンピュータ構築にいたる技術、ネットワーク技術、システムインテグレーターとしての経験・ノウハウなど総合力に映像技術を融合させることで、さらに高度で豊かな映像ソリューションを創造してまいります。
その最先端技術を結集したプラットフォームを目指しているのが「メディアプラットフォーム」です。ここでは映像アプリケーションを実現する際のハードルでもあるプラットフォームのリソース、高度・高負荷な処理を高速にクラウド基盤が処理し、必要なときにいつでも、簡単に利用できる環境をご提供します。

様々なビジネスシーンにおける映像利用の世界をどのように進化させていくか。富士通は常にお客様とともに、新たなソリューションを実現してまいります。

次世代の映像・コンテンツ配信がお客様のビジネスを拓く


映像ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)