GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FENICS トップインタビュー

トップインタビュー

FENICSのアピールポイントは?

FENICSのアピールポイントは3つございます。 1つめは、過去30年の間に培ってきた「5,000社を超えるカスタマーベース」です。 2つめは、時代とともに「商品やサービスモデルを変革」してきたこと。 そして3つめは、「自社技術組込みによるシナジーの発揮」と「ビジネスパートナーとの連携」の両方の実践してきたことです。

ネットワークサービス事業本部 本部長 飯島淳一氏の写真
ネットワークサービス事業本部
本部長 飯島淳一

カスタマーベースを持つ強みとは?

数千規模のカスタマーベースはビジネスの源泉であるとともに、多様なユースケースを通して様々な知見を我々に与えてくれています。
「マルチキャリア」、「固定回線とモバイルの一括提供」、「セキュリティ」など、今日、お客様から支持されているFENICSのサービスモデルの多くはこの中から生まれてまいりました。

時代とともにどうサービスモデルを変革してきたのか?

お客様のニーズや新技術を取り入れながら、商品やサービスモデルを変革させてきたことが、「FENICS」というブランドを30年間維持してこれた「肝」だと考えています。
我々は2009年に「FENICSⅡユニバーサルコネクト」という商品群を発表した際に、ネットワークサービスを「人」「モノ」と「ビジネス」をつなぐものとして再定義いたしました。
これはネットワークにつながる「人」や「モノ」のアイデンティティーを把握した上で、それらを適切かつセキュアに業務システムやアプリケーションにつなげ、「ビジネス」として活用するという考え方です。
こうした考え方を取り入れ一連の商品群を投入したのは当時、日本で初めて、世界でも類を見ないと考えております。

今後のICTの方向性をどう捉えているか?

ICTの活用領域は「企業内のバックエンドシステム」から「ビジネスの現場」に拡大してきていると思います。
これに伴い、従来にも増して多様な利用者や端末がネットワーク経由でICTにつながるようになってきています。これらの中を流れる「データ」は種別・容量ともに増大する一方、これらのデータを安全に扱うことが求められています。
アプリケーションやデータ保管はその性質により、お客様環境や複数のクラウド上に点在することになり、これらをつないでシームレスに利用できることが求め られます。 また、ネットワークは企業の中のLAN、WANという領域から、Field Area Network(注1)あるいはBody Area Network(注2)に広がり、具体的にはスマートメータや人のバイタルデータを低コストでクラウドに送ることが求められるようになってくると考えてお ります。

(注1) Field Area Network:屋外通信用ネットワーク
(注2) Body Area Network:体の周辺に配置したセンサーやデバイスで構築される無線ネットワーク

今後FENICSをどう進化・成長させていくのか?

ビジネス現場のニーズに応えるためには、個々の現場の利用者のアイデンティティーだけでなく、その状態を把握する ことが不可欠です。さらにその状態というものは、時間や環境で変化していきます。人間は目に見えないものを把握して制御することは大変難しいです。そのた め、これらの状態の変化を「データ」によって把握し、活用する仕組みを組み込むことにより、利用者に新たな利便性や体感品質を感じてもらえるサービスを開 発・提供していきたいと考えております。

最後に

我々は新たなデジタルビジネス時代の入り口に来ています。FENICS関連者一同、お客様や販売パートナー様のビジネスの成長に向けて「変革」に取り組んでまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

[ 2015年11月13日掲載 ]

  • WANサービス
    お客様の事業所間を相互に接続する各種イントラネットサービスと多彩なアクセスオプション
  • モバイル
    モバイル回線・端末を安心・安全・簡単に接続し、ワークスタイルを変革するモバイル関連サービス
  • IoT / M2M
    膨大なセンサーデータをリアルタイムに処理するクラウドサービスや、M2Mに最適なマネージドサービス
  • コミュニケーション
    企業内コミュニケーションを円滑にし、通信コスト削減やTCOの削減に貢献するサービス
  • インターネット
    コスト、信頼性、高速接続等、多岐にわたるニーズに合わせた各種インターネットサービス
  • セキュリティ
    高度な認証やフィルタリング等お客様のネットワーク環境に合わせたセキュリティ

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)