GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Managed Infrastructure Service
with TRIOLE for ServiceNow

TRIOLE for ServiceNow

富士通の運用サービスでは、TRIOLE for ServiceNowというグローバル共通のITサービス管理ツールを利用しています。これは、ServiceNow社がSaaS提供するServiceNowプラットフォーム上に、富士通のノウハウをワークフロー・テンプレートとして実装したITサービス管理ツールです。富士通はTRIOLE for ServiceNowを使った効率的な運用プロセスで、お客様にLCMサービスとして提供しています。

TRIOLE for ServiceNowを活用した運用サービスの特徴

運用業務の生産性向上

当社が長年培った運用管理業務ノウハウがTRIOLE for ServiceNow上に実装されており、
高品質な運用サービスを提供することが可能です。(注1)

グローバルで均一な運用サービス提供

日本国内だけでなく、当社グローバル拠点でもTRIOLE for ServiceNowを適用。このため、
海外展開しているお客様にも一元的な運用管理を実施します。多言語対応も可能です。(注2)

サービス立上げ期間の短縮化

当社のベストプラクティスをベースとした、実装済みの運用業務テンプレートを利用することで、
短期間に運用サービスの立ち上げが可能です。
また、SaaSなので、お客様に専用ハードウェア・ソフトウェアをご用意頂く必要がありません。

継続的な運用サービス改善を支援

当社のIT管理業務実施部門に日々蓄積される横断的なナレッジをベースに、
定期的にテンプレートをアップデートし、機能追加や障害修正に関するリリースを行います。

(注1)画面項目、状態遷移、変更管理、ワークフロー等
(注2)英語、中国語、スペイン語等

ご紹介動画


サービス提供イメージ

TRIOLE for ServiceNow

ご留意事項

TRIOLE for ServiceNowは、当社運用サービスのサービス基盤であり、単体商品ではございません。詳細は、お近くの当社販売パートナーまたは当社営業担当者にご確認ください。

VDI導入でよくある3つのトラブルと解決法

未来のワークスタイルを切り拓く富士通のVDI

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

138-BFF-042