FUJITSU
Digital
Business
College

急速に進むデジタル化時代に企業は何をすべきでしょうか? 5年後あるいは10年後も強い企業であり続けるためには、経営陣と現場部門が一体となって変わらなければなりません。そのためには、いくつかの要素がありますが、その中でも重要な鍵を握るのは”人創り”にあります。

10年先も強い企業で
あり続けるために
企業のデジタルビジネスを牽引する
リーダーのためのビジネススクール

中長期的な視点に立ちデジタル変革を推進できる能力を習得するための4つの特徴

戦略立案と遂行力を
身につける
常に変化を続ける社会課題、自社がそうした社会課題に対してなにができるのか?戦略につなげ、実行する手法や新たなビジネスにチャレンジする環境を作り出す力をつけていただきます。
戦略を実現するための
デジタルを知る
10年後を生き残る強い企業に必要な武器である、最先端デジタルテクノロジーと変革を起こすための様々な手法を知っていただきます。
世界の「今」を知る

世界はどこへ向かっているのか?イノベーションはどのように起こっているのか?海外研修を通して肌で感じていただきます。
絆を深める

自社では不可能なことも他社との共創ならきっと可能になる。供に学び、考え、実践することで新しい絆を得ることができます。

学長挨拶

FUJITSU Digital Business College 学長
富士通株式会社 代表取締役社長
田中 達也

田中 達也

FUJITSU Digital Business College(デジタルビジネスカレッジ)は、デジタルビジネスを推進する人材の育成をご支援する企業向け研修サービスとして、2017年7月に開校いたしました。

今日本では、第4次産業革命による新たな産業構造の転換を行うべく国や産業界をあげた様々な取り組みが始まっています。この構造転換を成功させるためには技術論だけではなく、ICTを活用したビジネスを考えられるデジタル人材の育成が重要です。そこで富士通は、ビジネスの中核を担うリーダーの皆様、そして第一線で活躍する皆様に、ICT企業である富士通だからこそ可能な、高度なICT教育の機会をご提供することとしました。

デジタル時代の新たなビジネスモデルの創造には、従来の枠を超えた多様な皆様とのつながりが重要であり、それがビジネスの成功や社会に役立つ成果を生み出すと確信しております。

本カレッジは、富士通がもつ、デジタルビジネスの実践で培った先進的なナレッジやノウハウ、各種リソース、また、そこで得られる、デジタル化の悩みを共有できる仲間、すなわち業種・業界の壁を超えたネットワークをお客様にご活用いただき、デジタル革新を進めていけるような仕組みをご提供いたします。

研修プログラムは、主に、情報システム部門の部門長とチームリーダークラスの実務者を対象として「知識創造経営」の提唱で多摩大学大学院の紺野教授に監修委員長をお願いし、様々な分野の第一人者の先生方に各コースの監修をいただいております。

学びのインフラとして、富士通がこれまでに蓄積したデジタルビジネスのノウハウ、ICTインフラ、浜松町にあるデジタルトランスフォーメーションセンターをはじめとする最新鋭の施設など、当社の持つ最高レベルのリソースを最大限ご活用いただけます。

富士通は、ICTに加え、このFUJITSU Digital Business Collegeを通じて、お客様のビジネスの成長に貢献してまいります。

以上

FUJITSU Digital Business Collegeについて

近年、AIやビッグデータ、IoTをはじめとするデジタル技術の進展により、高度なICT技術を活用して新たな価値を創出できる人材が求められています。

企業の情報システム部門は、社内システムの開発や運用に加え、全社のデジタル化を推進する役割が求められており、AI活用や、ビッグデータ分析、サイバー攻撃対策などの様々なICT技術に関する知識やノウハウ、イノベーションを推進できる思考法を身につけておく必要があります。

このような課題に対応するために、富士通は、各業界における第一人者の知見と、富士通のデジタル技術の開発や活用実績のなかで得られた知見・ノウハウ、さらに富士通ラーニングメディアの豊富な人材育成の実績により、デジタルビジネスを推進する人材育成を狙いとした「FUJITSU Digital Business College」を提供します。

特長

新たな発想がうまれるワークショップ型に最適な共創スペースを活用

共創を生み出すオープンスペース「FUJITSU Digital Transformation Center」や、ICTとデザインで新たな価値を体験・開発する場「HAB-YU」、子供ごころに戻って本音の対話を行う「CO☆PIT」などを活用し、受講者のアイデア創出を支援します。


FUJITSU Digital Transformation Center


CO☆PIT


HAB-YU platform

企業の枠を越えたコミュニティの構築とフォローアップ

デジタルビジネス創出の鍵であるオープンイノベーションには、様々な企業との連携が必要です。カレッジ卒業後も、受講者同士や各コースを担当する有識者との継続的なリレーションを実現するコミュニティを構築し、実ビジネスでの人脈作りを支援します。

世界的なイノベーターや実務家によるワークショップでデジタルビジネス推進の真髄を体感

世界のデジタルビジネス先進国やイノベーションの中心地に赴き、スタートアップ企業や大学、世界的なイノベーターや実務家との交流、ワークショップなどを通じてDX(デジタルトランスフォーメーション)の実態を体感・理解いただきます。

第三期 まもなく募集開始!
デジタル戦略の鍵を握る2つの人材育成コース

第三期より大きくリニューアル! 経営者層、次期経営者を担う人材とデジタルビジネスを実践する人材を対象とした2つのコースをご提供いたします。

デジタルトランスフォーメーション戦略 - Executive Strategy -

主に、経営者、役員、次期役員戦略を担う幹部社員様向け

コース概要

DXを実現する戦略立案と遂行に必要となる思考、視点、手法について、専門家によるレクチャーとワークショップを通じて知っていただきます。期間中の海外研修により、現地有識やDXの実践者と交流することで、海外での最新動向や広い視野を獲得します。

目標

  • 社会的な課題から自社の将来を想定し、ビジョンや目的を明確化し、戦略につなげる力を養う。
  • 自らテクノロジーや新しい手法を学び、新たなビジネスにチャレンジする環境を創る力を養う。

開催数

2回(7月開講/11月開講)

受講日数

国内(東京):午後半日12日間
海外:4日間(移動含め約1週間)

期間

約4か月(7月~10月、11月~2月)

定員

各25名

価格

200万円

デジタルトランスフォーメーション実践 - デザイン思考によるアプローチ -

主に、デジタルテクノロジーを活用したビジネス創出の実践が求められる方向け

コース概要

AIやAnalytics、IoTなどの最新のデジタルテクノロジーに関するスキルだけでなく、デザイン思考を活用した顧客経験を訴求するアプローチや、未知の道を切り拓いていく強いマインドなど、DXの実践者として必要なスキルを専門家によるレクチャーやワークショップを通じて実践的かつ網羅的に養うコースです。

目標

  • イノベーションを実現するために欠かせないマインドを養う。
  • デザイン思考の方法論を学び、実践する。
  • AIやAnalytics、IoTなどの最新のデジタルテクノロジーを活用する力を養う。

開催数

2回(7月開講/11月開講)

受講日数

国内(東京):16日間

期間

約4か月(7月~10月、11月~2月)

定員

各24名

価格

200万円

本資料は2018年12月時点の情報です。記載内容は変更になる場合があります。

2018 第二期(開催中)

募集は締め切りました

デジタル戦略の鍵を握る4つの人材育成コース

デジタル戦略を策定・実行する部門長向けとして「デジタル戦略」コースを、デジタルビジネスを適用・実践する実務者向けとして「デザイン思考」、「AI・Analytics」、「Security」の3コースをご提供します。

デジタル戦略コース 部門長向け

デジタル戦略コース 部門長向け

デザイン思考コース 実務者向け

AI・Analyticsコース 実務者向け

Securityコース 実務者向け

2018年 受講の流れ

以下の図は2018年第二期のものです。第二期の募集は終了しました。

2017 第一期

修了式

2018年3月29日(木)品川プリンスホテルに於いて、FUJITSU Digital Business College 第一期受講生の4コース合同修了式を行いました。
学長や監修の先生方をはじめ、ご来賓の方々よりお言葉をいただき、受講生の皆さんの修了をお祝いしました。

修了式に先立ち、「デジタルビジネスカレッジでの学び」をテーマに、コースの垣根を超え、修了生の皆さんの交流・対話による相互フィードバックを行いました。フィードバックの成果発表会は、学びとつながりの重要性を再認識した会となりました。

FUJITSU Digital Business Collegeについてより深く知る

FUJITSU Digital Business Collegeに関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ