GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ITIL®富士通特集記事

ITIL®に基づいたソフトウェア「Systemwalker」の特集記事をご紹介します。
 のリンク先をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®(無償)が必要です。 Adobe® Reader® をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。


navi-bottom  データセンターの運用課題を解決する新たなミドルウェア(全2回)
space  Systemwalkerによる「見える化」から始める運用の改善(全4回)
space  “見える化”から始める実践的ITIL®活用法(全5回)

データセンターの運用課題を解決する新たなミドルウェア(全2回)

[富士通のミドルウェア 運用管理特集 2009年12月~2010年2月掲載]

第1回 : アプリケーション変更作業の自動化を「Systemwalker IT Change Manager」で実現

コスト削減や内部統制対応の強化がますます求められる昨今では、ITリソースを集約し一元的に管理する「企業内データセンター」の構築を進める企業が増えています。


第2回 : 統制を行いながら、開発と運用をシームレスに連携し、ミスのないアプリケーション変更を実現

前回は、企業内データセンターを運用する上で、重要な課題のひとつであるアプリケーション変更管理の課題を解決するソリューションとして 「Systemwalker IT Change Manager」をご紹介しました。

Systemwalkerによる「見える化」から始める運用の改善(全4回)

[富士通のミドルウェア 運用管理特集 2008年6月~9月掲載]

第1回 : ITIL®ベースの運用管理はライフサイクルをCAPDoで回す

IT全般統制への対応、サービス品質の向上、システム全体の最適化――。運用管理の現場には、様々な課題が残されています。


第2回 : ITIL®に基づいてシステム変更の「見える化」を実現する

ITIL®に基づく運用改善をCAPDoサイクルで回して運用管理の問題を解決し、全体最適を早期に実現する――。 そのために欠かせないのが、「システム変更の見える化」「サービスレベルの見える化」「システム全体の見える化」の3つの見える化です。


第3回 : お客様満足の向上に貢献する「サービスレベルの見える化」

運用の課題を解決するためのプロセスとして富士通が提唱する、現状把握(見える化)から始めるCAPDo(Check-Act-Plan-Do)――。


第4回 : システム運用の効率化を実現する「システム全体の見える化」

運用管理の現場で発生している課題をITIL®に基づいて解決するためのプロセスとして、 富士通は現状把握(見える化)からスタートするCAPDo(Check-Act-Plan-Do)をお勧めしています。

“見える化”から始める実践的ITIL®活用法(全5回)

[ITpro 2008年5月~9月掲載]

Vol.1 : 3つの“見える化”で、ITIL®を実践

ITシステムがビジネスに不可欠な存在となり、迅速なレスポンスが要求されるなど、ITシステムに対する要求レベルが上がっている。


Vol.2 : Systemwalkerが実現する3つの“見える化”

前回は、ITIL®を実践するためには、まずシステムの状態の3つの“見える化”が重要であることを解説した。


Vol.3 : ケーススタディに見る!システム変更の見える化

前回紹介したITIL®を実践するための“3つの見える化”のなかから、今回は「システム変更の見える化」について、 実例をもとにしたケーススタディを紹介しながらより詳しく解説する。


Vol.4 : ケーススタディに見る!サービスレベルの見える化

前回に引き続き、事例をもとにSystemwalkerを活用したITIL®の実践について紹介していく。


Vol.5 : ケーススタディに見る!システム全体の見える化

最終回の今回は、ITIL®実践のために富士通が提唱する“3つの見える化”のうち「システム全体の見える化」について、実例を紹介しながらより詳しく解説する。

ITIL®に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)