GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コールセンターサービスの導入により、 業務負荷軽減と運用コスト削減を実現

case-top-b.jpg

流通業A社様 導入事例


A社様では、全国2,300箇所にも及ぶ加盟店などからのお問い合わせや自社基幹システムの監視・運用などを全て対応しており、休日・夜間でも常時2名の運用体制が必要でした。富士通のコールセンターサービスの導入により情報システム部門の運用負荷を大幅軽減。社員のコア業務へ集中を図るとともに、運用コストの削減も実現しました。

[ 2011年5月2日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 流通業
導入サービス: BPOサービス
サービス内容: 加盟店からのシステムお問い合わせ対応ヘルプデスク運用
利用モジュール: コールセンターモジュール(集配信監視)
サービス提供時間: 24時間365日
【課題と効果】
1 お問い合わせ内容が多岐にわたっており、対応が属人化してしまっていた arrow2-c.gif コールセンターの利用でお問い合わせ対応をシステム化。これにより全てのオペレーターがお問い合わせ内容をリアルタイムで共有することができ、お問い合わせ対応の共通化を実現
2 休日・夜間でも、集配信の監視など常時24時間365日の運用体制が必要で運用コストの負荷が高かった arrow2-c.gif リモート接続で、EDIの集配信状況を24時間365日監視。システムトラブルなどによる重大な損失(商品の欠品など)を回避するとともに、運用コストの負荷を低減

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入サービスイメージ

2か所に分かれていた窓口をコールセンターサービスの利用で1本化。24時間365日の運用体制で集配信状況の監視とお問い合わせ対応を実施。

company-b-service.jpg

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)