GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. アプリケーションマネジメントサービス >
  4. Webインテグレーション >
  5. コラム >
  6. スマートフォン・タブレット端末活用(マルチデバイス対応)

スマートフォン・タブレット端末活用(マルチデバイス対応) :Webインテグレーション コラム

スマートフォン・タブレット端末を活用することは、企業の顧客接点力の強化に効果的です。スマートフォン・タブレット端末の活用法やマルチデバイス対応について、富士通総研 田中 秀樹が解説します。

ビジネスにおけるスマートフォン・タブレット端末活用(マルチデバイス対応)の活用例

「パソコン」、「モバイル」、「大型テレビ」というトリプルスクリーンの中で、最近、取り組む企業が増えているのが「モバイル」、中でもスマートフォンとタブレット端末です。スマートフォンやタブレット端末を使うと、今までとは異なる利用シーンや利用層をビジネスの対象とすることができます。

例えば、スマートフォンに搭載されたGPSの位置情報機能を利用して、公園などの野外からピザやサイドメニューの注文できるアプリを提供している会社があります。花見やバーベキューの最中に、詳細な住所が分からなくても注文できる手軽さが好評で利用者が増えています。スマートフォン利用者はソーシャルメディアを使いこなしていることが多いので、良いアプリを提供すると評判がクチコミで広がっていきます。

また、タブレット端末は、今までパソコンや携帯電話経由でインターネットを使わなかった層のアクセス端末としても期待されています。指で操作する直感的なインターフェースは、子供やシニア層でも操作でき、ビジュアルや動画を組み合わせた電子カタログを配布することでEC市場が拡大すると言われています。

スマートフォン・タブレット端末活用(マルチデバイス対応)の課題

顧客接点を強化する上で、スマートフォン・タブレット端末の活用は有効なものですが、課題もあります。まず、急速に進化しているのでOSのバージョンアップが多く、その都度アプリの提供者は対応確認が必要となります。また、端末が次々と発売され、それぞれサイズや搭載機能が異なっているので、機種毎に対応を確認する必要があります。

アプリのボタン配置や画面操作などパソコンや携帯電話と作法が異なっている点にも注意が必要なので、異なるスマートフォン・タブレット端末をビジネスで活用する際には、実績のある開発会社やサービス基盤を活用することが、利用者の評価を高め、後々の運用作業を軽減することにつながります。

スマートフォン・タブレット端末活用(マルチデバイス対応)と課題 概要図

(株式会社富士通総研 田中 秀樹)
株式会社富士通総研(FRI)

ソーシャルメディア活用

ソーシャルメディアを活用することは、企業の顧客接点力の強化に効果的です。企業のソーシャルメディア活用法について解説します。

ネットの価値をリアルビジネスで活かす

「O2O」とは、Online to Offlineの頭文字を取ったもので、「インターネット(オンライン)の活動を実店舗(オフライン)に活かすこと」を意味します。「O2O」の効果について、具体的な事例も交えながら解説します。

オムニチャネル

「オムニチャネル」とは、顧客との接点になっている全てのチャネルを融合させることです。「オムニチャネル」の意味や、他の顧客接点チャネルとの違いについて解説します。

AR(Augmented Reality: 拡張現実)

「AR(Augmented Reality: 拡張現実)」とは、目の前にある現実空間に、デジタル情報を重ね合わせて表示する技術のことです。「AR」について、「Zoff Mirror」や「IKEAカタログ」などのAR活用事例を交えながら解説します。

ECサイト

富士通が提供するECサイト製品・サービスのご紹介です。ECフロントとバックエンド(フルフィルメント)まで含めた製品、また、SaaSやクラウド形態で提供するサービスなど、幅広いラインナップでECサイトに関するさまざまなご要望にお応えします。

CMS

富士通が提供するCMS製品・サービスのご紹介です。富士通は自社のリファレンスを活かし、システム構築と、ガイドライン策定などの運用の両面から、CMS導入をご提案・サポートいたします。

マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platform

マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、多機能かつ使いやすいコンテンツ管理とマーケティング機能を一元化し、カスタマーエンゲージメントに最も重点をおいた、拡張性の高いプラットフォームです。

Webインテグレーションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)