GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. アプリケーションマネジメントサービス >
  4. ECM/文書管理 >
  5. 情報活用・共有ソリューション >
  6. プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaboration

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス FUJITSU Enterprise Application tsCollaboration

情報漏洩を防ぎ、効率的な情報共有を可能にするクラウドサービス tsCollaboration「情報共有」SaaS

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationは、社内外/国内外プロジェクトにおいて、情報漏洩のリスクを防ぎ、効率的な情報共有をご支援します。
強固なセキュリティ機能、多言語メニュー表示対応、多彩なコンテンツ管理機能をもち、直感的な操作が可能なコラボレーション環境として、グローバルでも実績のある「Documentum eRoom」のクラウド型月額サービスです。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationはこんな場面で活用いただけます

海外拠点との情報共有

thumb80-global

[新製品などの研究・開発における情報共有など]

  • 遠地でも機密情報をオンラインでタイムリーかつセキュアに受け渡ししたい
  • 各海外拠点の言語表示に対応した情報共有基盤を利用したい
  • 海外で証拠提示を求められる緊急時も迅速かつ効率的に対応したい

他社との情報共有環境

thumb80-collabo

[人材派遣会社から派遣元への情報提示、販売パートナーへの情報提示など]

  • 情報に応じて必要なメンバーだけがファイルにアクセスできるようにしたい
  • 印刷・スクリーンショットの制御など、情報漏洩のリスクを最小限に抑えたい
  • 各ファイルへのアクセス権限は、常に現メンバーのみとなるよう継続管理したい

社外からアクセスする情報共有環境

thumb80-secure

[委託先からの自社機密情報の参照、在宅勤務や顧客先からの参照・共有環境]

  • 在宅勤務時や顧客先訪問時など、最新の業務データを参照したい
  • 委託先からも自社機密情報が参照できるようにしたいが、漏洩リスクは最小限に抑えたい
  • 印刷媒体流出による漏洩防止のため、ハードコピー・印刷を制御したい

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationはお客様の情報共有に役立つ豊富な機能を備えています

<アイテム>

フォルダ
ディスカッション
投票
データベース
ダッシュボード
リンク
メモ
カレンダー
プロジェクトプラン(タスク管理)

<機能>

  • 版数管理機能
  • 排他機能
  • アイテム別アクセス権設定
  • 多言語メニュー表示
  • 機密情報保護(IRM)
 

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaboration 導入事例

多言語対応の情報共有SaaSで日中韓三大学共同プログラムを支える

立命館大学文学部様事例

(立命館大学文学部様)
日中韓の三大学が協力して東アジア次世代人文学リーダーを育成する「キャンパスアジア・プログラム」に取り組む立命館大学文学部様。運営に必要な情報共有基盤として、多言語対応・直感的操作・セキュリティ対策を実現するtsCollaborationが採択されました。

情報共有SaaSで機密情報の一元管理、情報漏洩対策の強化を実現

新薬開発製造業様導入事例

(大日本住友製薬株式会社様)
グローバル化を進める大日本住友製薬様は、海外で機密情報をやりとりする情報共有基盤として情報共有SaaS tsCollaborationを採用。短期間でセキュアなグローバル情報共有基盤を構築されました。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの特長

クラウドによる24時間365日の稼動、多言語メニュー表示など、グローバルで活用いただけます

海外拠点や外部サプライヤーとの共同開発プロジェクトにおける情報共有基盤として最適です。プロジェクト単位のルームは簡単な操作で構築でき、フォルダのアクセス権設定、簡単な版数管理機能、進捗・タスク管理機能、ディスカッション機能、通知機能など豊富なコラボレーション機能が利用できます。また、日本語・英語のメニュー表示に標準対応のほか、オプションとして8カ国語に対応可能、グローバルレベルの情報共有に最適です。

国内最高水準のデータセンター、機密保護(IRM)を利用したセキュアな環境でご利用いただけます

本サービスは、国内最大規模で最高水準のセキュリティ基準を達成している富士通館林データセンター(注)にて運用し、サービスのご提供を行います。社外との機密文書の取扱いは、機密情報保護(IRM)オプションにより、文書の暗号化、認証、印刷・コピー制限や監査ログなど、情報漏洩のリスクに対応しています。

(注)館林システムセンター情報セキュリティ格付け「AAAis」評価取得

自社運用に比べ大幅に導入・維持コストを削減、規模別サービスの利用で無駄なコストを抑えます

SaaSでのご提供により、自社導入と運用に比べ、初期投資費用の削減、運用コスト・運用体制の抑制など、大幅なコスト削減が図れます。また、利用者の増減に応じた月額利用費用が適用でき、ハードウェア・ソフトウェアの資産化は不要となります。


社内外の情報共有に活用できるSaaSサービス tsCollaboration 無償トライアル提供中! お申込はこちら

tsCollaboration 30日間無償トライアル

便利! 安心! 活用できる! 社内外の情報共有に便利な機能が揃ったtsCollaborationを30日間無償でお試しいただけます。

プロジェクト管理・情報共有サービス tsCollaborationに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)