GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SAP Mobile Platform

SAP Mobile Platform エンタープライズ向けモバイルプラットフォーム

SAP Mobile Platformは、国内外で豊富な実績を持つエンタープライズ向けモバイルプラットフォームです。優位性あるバックエンド連携やオフライン機能を始め、各種エンタープライズ向け機能を包括しており、最適なQCD(品質・コスト・納期)で、お客様のB2BやB2C領域でのモバイル活用を実現いたします。

SAP Mobile Platform & 富士通

富士通は、SAPのグローバルパートナーとしての強力なパートナーシップをもとに、SAP Mobile Platformのご活用をトータルサポートいたします。

製品概要

モバイルプラットフォームの価値(開発・運用)
バックエンド連携
ディープオフライン
豊富なグローバル実績

モバイルプラットフォームの価値(開発・運用)

  • なぜ、モバイルにはプラットフォームが必要なのか?
    ⇒モバイルアプリケーションの開発・運用には、アプリケーションの操作性や見た目以外に、データセキュリティや開発生産性・メンテナンス性、アプリケーションの管理まで非常に多くの考慮が必要となります。

  • 昨今、職種別・業務別のアプリケーション、コンシューマー向けアプリケーションなど、一社内におけるモバイルアプリケーションの数は増大していますが?
    ⇒アプリケーション毎に個別開発をする場合、共通の認証システムや複数バックエンドへの接続、セキュリティ機能など、それぞれにスクラッチ開発が必要となり、その開発コストの増大やメンテナンスの複雑さなど、かなり非効率となります。それに対して、モバイルプラットフォームの導入は、お客様システムに対する開発・運用をシンプルに最適化可能です。
モバイルプラットフォームがないケースはスクラッチ開発と個別メンテナンスが必要
モバイルプラットフォームがあるケースはシンプルで統合的な開発運用を実現

バックエンド連携

  • バックエンドのデータモデリングで業界標準のOdataをサポート。SAPシステム等のOdataのデータソースを提供する場合は直接接続可能。Odata以外のバックエンド(SOAP、JDBC、JPA、RESTサービス等)の場合にも、Gatewayを介することで簡単に接続できます。
  • また、Odata Model Editorにより、モバイルアプリ用のデータモデルをGUIで構築することもできます。

ディープオフライン

  • SAP社独自のモバイルDB技術により、お客様の業務用途に合わせたオフラインアクセスや同期処理が可能です。

豊富なグローバル実績

  • SAPモバイルは国内外の様々な業種における豊富な実績を有します。

SAP Mobile Platformを活用したオファリング

「モバイル×ビッグデータ」によるビジネスイノベーションの実現

オファリング一覧

営業

営業現場を支援するビッグデータ活用の推進

店舗販売

店舗在庫・お客様情報・センサー情報活用による接客力・店舗力向上

設備保全

Coming soon...

機器整備

Coming soon...

オムニチャネル

Coming soon...

観光・ロケーションサービス

Coming soon...

ドライバー

Coming soon...

教育

Coming soon...

SMPイノベーションラボ

概要

お客様のモバイル活用のイメージ具体化に向けて、実際のモバイル端末上で動作するモックアップを制作します。

プロセス

お客様を交えたワークショップの実施をベースに、コンセプトやモックアップをデザイン・制作いたします。

  1. ワークショップ
  2. コンセプトメーク
  3. プランニング
  4. モックアップ

  • SAP及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

SAPソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)