GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SAPインフラBASISソリューション

新規導入、アップグレード、プラットフォーム移行などSAPシステムのライフサイクルに合わせてインフラを最適化

SAPインフラBASISソリューションの概要

富士通の「SAPインフラBASISソリューション」は、SAPシステムのインフラ最適化を低コスト、短期間で実現するサービス体系です。
SAPシステムの新規導入をはじめ、運用中のSAPシステムのアップグレードや、システム老朽化に伴う最新プラットフォームへの移行など、お客様システムのライフサイクルに合わせた充実のサービスメニューをご用意しています。

figure01

SAPインフラ構築支援サービス

基幹業務を担うSAPシステムにおいては、アプリケーション、外部連携のための共通技術、安定運用に向けた運用設計などに関する幅広いノウハウはもとより、システムの安定稼働に向けた堅牢なインフラが必要となります。
本サービスでは、数多くのSAPシステム構築経験によって磨き上げられた富士通独自の導入手法を用いて、サーバ単体だけではなく、周辺システムも含めた高信頼・高品質なインフラをご提供します。

figure02

ITインフラデリバリーサービス

本サービスでは、お客様へサーバ/ストレージ等のインフラ機器を納品するにあたり、お客様のご要望に応じたハードウェア(CPU、メモリ、ディスク等)の実装や、OS/各種ソフトウェアのインストールをあらかじめ富士通の指定工場で実施します。
これにより、インフラ導入に伴うお客様の作業を大幅に軽減し、稼働までの期間を短縮するとともに、インフラの信頼性・品質向上を実現します。また、段ボール等機器搬入時の梱包材を削減し、お客様による廃棄の手間を軽減します。

figure03

ディザスタリカバリーシステム構築支援サービス

災害などによって引き起こされるシステム停止・業務停止は、企業にとってビジネス機会の損失を招くばかりでなく、顧客満足度や社会的信用の低下にもつながります。事業継続性の確保に向けて、運用/待機のシステムをそれぞれ離れた地域で運用するディザスタリカバリー(DR)システムの構築は、いまや重要な経営課題の1つとなっています。
本サービスでは、SOA(サービス指向アーキテクチャー)に基づくシステム構築・運用手法と、高信頼ストレージシステム「ETERNUS(エターナス)」のDR機能を適用した、低コストで確実なDRシステムの構築を支援します。

figure04

※REC : Remote Equivalent Copy
ETERNUSディスクアレイが提供するサブシステム間のボリュームコピー機能。遠隔地サイト間でのデータのレプリケーションをストレージ装置の機能で実現します。WANを経由した数百kmの距離でも運用可能です。

メインサイト DR サイト切り替えのフローイメージ

  • 通常時、メインサイトではSAPの業務本番システムが稼働。本番データはETERNUSのREC機能によりDRサイト側に常時コピーされる。
  • メインサイトの被災時、DRサイト側に切り替え、本番のコピーデータを使用して各業務システムを起動。

テクニカルアップグレード・マイグレーションサービス

figure06

SAPシテムをご利用中のお客様の多くは、旧バージョンの保守期間終了に伴い、最新バージョンへのアップグレードの必要性に迫られています。また、老朽 化したハードウェアの刷新および運用コスト削減のためのサーバ統合なども重要な課題となっています。
本サービスでは、経験豊富なSAP有資格者による安全・確実なSAP ERPのバージョンアップや、ハードウェア更改、OS/DBマイグレーションを実施します。
必要となる作業時間を高い精度で見積もり事前提示しますので、お客様スケジュールに沿ったスムーズなシステム切り替え(業務停止時間の最小化)が可能となります。

SAP稼働診断サービス

本サービスは、情報収集プログラムを用いてお客様のSAPシステムから稼働状況データを取得し、そのデータを分析することでボトルネックやシステムの処理能力に問題がないか、などを調査します。
ワークショップでは、性能分析のエキスパートがお客様システムの稼働状況をSAPS値に換算した形で報告し、問題点の解決に向け的確なアドバイスを行います。

[SAP稼働診断サービスの仕組み(イメージ)]

figure08

以下の場合に本サービスをご利用いただくと、効果的です。

  • 現行サーバの移行にあたり、移行後に必要となるサーバのスペックを正確に見極めたい。
  • サーバ移行後にスペック不足とならないよう、アドオンプログラムも含めた現行システム全体の負荷を把握したい。
  • 特定のトランザクション処理が想定時間内に終了しないため、ボトルネックとなっている部分を明確化し、早急に対策を講じたい。

アップグレード移行サービス

本サービスでは、異なるプラットフォーム間でのOracle Database移行を、手順を標準化・自動化したマイグレーションツール(O2O)を用いて高速かつ確実に実施します。特に、SAP 標準の移行手順(R3LOAD)にはない、以下のメリットを備えています。

figure09

  1. 高速
    O2Oでは、データベースリンク経由で直接移行するため、移行時間を短縮できます。
    O2O:50-100GB/h
    R3LOAD:約20GB/h
  2. 安全
    O2Oでは、自動生成したスクリプトで移行処理を自動実行するため、人為的なミスを回避できます。
  3. 低コスト
    O2Oでは、スクリプト修正を自動的に行うため、準備作業にかかる工数を軽減し、移行コストを削減できます。

  • SAP及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

SAPソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)