GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通のSAPアーカイブソリューション

適用に効果的なお客様例

富士通のアーカイブソリューションは、主に以下の4つの課題を持つお客様に対して効果があります。

  • データ量の増加によりレスポンス(画面等)が悪化しているお客様
  • 本稼動後、データ蓄積傾向(約半年後程度)が分かり、アーカイブ適用時期を検討しているお客様
  • 今後バージョンアップを考えているお客様(バージョンアップ準備作業としてアーカイブを検討しているお客様)
  • 本番サーバのディスク容量が圧迫しているお客様もしくは、DB領域が圧迫しているお客様

person

お客様の要件(1):データ量の増加による、ディスク圧迫・レスポンス低下
arrow業務に不要なデータは削除したい。

お客様の要件(2):法律・法令によるデータの長期保存義務がある
arrowコンプライアンス遵守の観点から必要なデータは残したい。

「削除したい」「残したい」という相反する要件を満たすものがアーカイブ処理です。


SAPのアーカイブとは……

標準テーブルから「アーカイブオブジェクト」と呼ばれる単位でデータを圧縮・退避し、退避したデータはテーブルから削除します。

富士通のアーカイブソリューションの特徴

ソリューションの強み・特徴

  • アーカイブ候補伝票(テーブル)を特定します(事前準備として)
  • 効率的にデータアーカイブ実行する仕組みを提供します(アーカイブアクセラレーター)
  • 安定・継続的なアーカイブ運用を実現します(アーカイブの自動運用)
  • アーカイブした伝票もシームレスに参照可能です

ソリューション全体像

[ソリューション概要イメージ図]

solution

  • 効率的にデータアーカイブ実行する仕組みを提供いたします。(アーカイブアクセラレーター)
    arrow標準機能(アーカイブオブジェクト)のみを使用してデータアーカイブ実行した場合と比較し、約1/3の処理時間で処理します。
  • 安定・継続的なアーカイブ運用を実現(アーカイブの自動運用)
    arrow毎月一定の処理時間で自動実行/継続することでディスク容量を最適な状態に保ちます。
  • アーカイブ済み伝票もシームレスに参照可能
    arrowアーカイブファイルを外部サーバ・媒体に保存し、参照要件を満たすことが可能です。

  • SAP及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

SAPソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)