GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ExchangeUSE(エクスチェンジ・ユース)

人事・総務の事務処理をシステム化する「ExchangeUSEワークフロー」

ExchangeUSE V10は、従来のERPフロントとしての利用や汎用申請に留まりません。企業内の様々な業務プロセスの管理や他システムとの連携を実現する新しいワークフローです。

特長

特長

基本機能

複数世代管理 業務に合せた組織変更・人事異動の適用
部門宛先指定 業界初!担当する部門を宛先として指定可能
期日アラート管理 納期延長/納期予告も一目でわかる
多言語対応 日本企業の海外進出をサポート
スマートフォン対応 外出の多い承認者も外出先から承認ができる(注:オプション製品)
ナビゲート機能 質問に答えるだけで必要な申請書を導き出せる(注:オプション製品)

他システム連携

業務プロセス管理 複数の業務プロセスを一括管理。業務全体の見える化を実現
SOA決裁基盤 Webサービス対応により全社業務の決裁基盤を提供

製品概要

Web申請ワークフロー

  • Web画面の起票用フォームはフォームデザイナーを利用することでノンプログラミングで作成できます。
  • 運用中に承認ルートの途中変更へ追加が容易。特定部署のみでの利用や、期限付き運用に便利です。

総務人事申請ワークフロー(Web申請ワークフロー+ナビゲートオプション)

  • 住所変更届、通勤経路申請、家賃補助申請など29種類の申請フォームを標準装備。
  • 申請フォームを自由に変更できます。
  • 質問に答えることで必要な申請書をらくらくナビゲート。

旅費・経費精算ワークフロー

  • 日当の自動計算や乗換案内との連携など、便利な機能により簡単に伝票を作成することができます。
  • プロジェクトコード入力欄など、任意に設定可能なカスタム項目を標準装備。
  • 一伝票、複数日当パターン(日帰り出張、宿泊出張など)をサポート。
  • 仮払申請、支払依頼、交際費精算など6種類のフォームを標準装備。
  • 一伝票、複数科目区分をサポート。科目別に税区分を指定でき、消費税を自動計算できます。
  • 会計システムへの科目編集データ渡しも可能。

勤怠管理ワークフロー

  • 勤務規定に合わせてタイムテーブルを設定可能。実働時間、残業時間などを自動判別して集計します。
  • 月次の勤務表の他、休暇の予定/実績申請、勤務の予定申請も標準サポート。申請された内容は勤務表に自動反映します。

動作環境

ワークフローサーバ

対象OS Microsoft Windows Server 2008 R2
Webサーバ IIS 7.5
データベース Microsoft SQL 2008 R2
(Workgroup/Standard/Enterprise)

Oracle 11g R2
(Standard Edition ONE/Standard/Enterprise)
その他 E-mailアドレス (注1)
.NET FrameWork1.1 (注2)

クライアント

対象OS Microsoft Windows XP, Vista, 7
ブラウザ Internet Explorer 6.0, 7.0, 8.0
その他 メール受信環境 (注1)
J2RE (注3)
Microsoft Excel 2002, 2003, 2007, 2010 (注4)

(注1)決裁通知・却下通知等利用時
(注2)MSサイトより無償配布
(注3)Web申請/印刷機能利用時
(注4)Excel提出利用時

ExchangeUSEのお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB