Skip to main content

富士通のOracleソリューション(アプリケーション)

お客様のビジネスパートナーとして

最近の経済状況により、ビジネスの焦点は、急速な成長を目指す戦略から、コストや生産性の向上などのようなビジネスの基本にシフトしました。

そんな状況下で富士通は、柔軟性があり拡張性の高い Oracleソリューションを活用して、お客様がビジネスプロセスを築きあげるためのご支援をさせていただきます。

お客様のビジネスを形にする、富士通のOracle(オラクル)ソリューション

オラクル社との強力なパートナーシップ

  • 富士通は、グローバルでの推進力が評価され、パートナー認定レベル最高峰である「Diamond Partner」に日本企業初、グローバルで6番目に認定されました。
    (2011年末時点でグローバルで10社のみ)
オラクル社パートナー認定レベル「Diamond Partner」のロゴ
  • 長年に渡る強力なSUNパートナーである富士通は、オラクル社のサン・マイクロシステムズ社の買収後、両社で「SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター 」を設立し、これまで以上に強力にビジネスを進めております。

Oracleソリューション(アプリケーション)

富士通は、Oracleアプリケーションを運用するために、プラットフォームからアプリケーションまでのトータルソリューションを提供・サポートいたします。

トータルソリューションの提供・サポート

ソリューション体系

ソリューション (オンプレミス)

ソリューション (クラウド)

ミドルウェア

データベース

プラットフォーム

EBS (イービーエス)は、E-Business Suite (イービジネススイート)の略です。
Oracle、Oracle E-Business Suite、JD Edwards、Hyperionは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

Oracleソリューション(アプリケーション)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)