GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Business Application CRMate モバイル

CRMate モバイルがコンタクトセンターのスタイルを変える

FUJITSU Business Application CRMate モバイルは、コンタクトセンターへの問い合わせで活用できるモバイルアプリケーションです。
お客様がモバイルアプリケーションを利用して問い合わせることで、お客様とコンタクトセンターのコミュニケーションを円滑にし、カスタマー・エクスペリエンス(顧客経験価値)向上を支援します。

[図]CRMate モバイルご利用イメージ

CRMate モバイルからの問い合わせイメージ

[図]CRMate モバイルご利用フロー

※ 本画面はサンプル画面です。コンタクトセンター業務に合わせてカスタマイズが必要です。

「CRMate モバイル」導入のメリット

お客様のメリット

  • 面倒な自動音声応答装置の操作からの開放
    CRMate モバイルで問い合わせの種類を選択するだけで適切な窓口につながります。長いガイダンスを聞いたり、複雑なプッシュ操作を行うストレスから開放されます。

[図]自動音声応答のガイダンスなしで担当窓口に接続

  • 用件を簡単に的確に伝えられる
    言葉だけでなく、CRMate モバイルで入力した問い合わせ内容、位置情報や写真などの付帯情報がコンタクトセンターと共有されているため、的確に用件を伝えることができます。

[図]お問合せイメージ

コンタクトセンターのメリット

  • お客様満足度(CS)の向上
    お客様が入力された情報を見ながら対応できるため、コミュニケーションギャップを軽減し、状況に応じた最適な対応を行うことで、お客様満足度の向上に貢献します。
  • マーケティング活動でも活用
    CRMate モバイルにキャンペーンなどの情報を送信できます。お客様の情報(契約日など)に合わせて情報発信することで、タイミングを逃さないマーケティング活動ができます。
  • あらゆる機会を逃さない
    ビジー状態や時間外などでオペレーターにつながらなかった場合でも、お客様が入力された情報は着信履歴としてコンタクトセンターのCRMシステムに記録されます。
    コンタクトセンターでは、未対応の着信履歴をすぐに確認し、コールバックやメールでの連絡など能動的な対応を行うことができます。
  • センター運営の最適化
    問い合わせ内容を瞬時に確認することで、対応時間の短縮ができます。受電できなかった(放棄呼)案件も含めたすべての案件をCRMシステムですぐに確認し、オペレータの配置やコール計画を最適化することができます。

動作環境

サーバー

CPU :
インテル® Xeonプロセッサ Dual Core以上
メモリ :
8GB以上
OS :
Microsoft® Windows Server® 2012 R2

スマートフォン

  • Android 4.4 / 5.1
  • iOS 8 / 9

顧客ロイヤルティを向上させる コンタクトセンターのつくりかた! 詳細はこちら

詳しくはお問い合わせください。

box01_ttl_web.gif

btn_form1.jpg

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

box01_ttl_tel.gif

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

PDF (1.51 MB )