GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「いつもと違う」の検知技術

「いつもと違う」の検地技術は、2017年6月を持ちまして終了しています。

日々の業務アプリケーションの運用で蓄積されたアプリケーション運用データ(画面の入力データ、ジョブの処理時間など)を解析し、「平常時には使用されないデータが入力された」などの「いつもと違う状態」を検知し、システムトラブルへの早期対応・運用品質の向上を実現します。

「いつもと違う」の検知技術のご利用イメージ

unusual-image01.jpg

unusual-image02.jpg

技術の特長

業務アプリケーションの運用状態を見える化し、課題を抽出

  • サーバ監視では発見が困難なアプリケーションの挙動問題を「未然防止・早期対処」して、システムの安定運用を実現する
  • アプリケーションデータをデータマイニング、統計解析手法で分析することにより、将来課題となりえる箇所を抽出・評価する

エントリー業務での“いつもと違う”を検知し、業務の品質を改善

  • 利用者が入力した値(桁、数量、単位、名前の誤りなど)から「いつもと違う」を検知し、利用者と管理者に知らせてミスを予防し、ビジネス品質を高める
  • 既存のアプリケーションを修正することなく導入できるため、低コストで業務品質を高めることができる

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)