FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard

「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard」は、お客様の生産性向上と多様な働き方の実現に向けて、AIを活用した業務内容の可視化を実現するサービスです。可視化されたデータから現状の働き方における課題を抽出し、重点的に改善することで、よりクリエイティブな業務へシフトし、多様で柔軟な働き方が可能となります。

製品紹介動画

サービスの特長

本サービスは、マイクロソフトの「Microsoft 365」を利用することで「Microsoft Azure」に蓄積されたメールや文書のタイトル、スケジュールなどのビッグデータおよびPCの利用状況を、富士通研究所の研究成果が集約された富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」(以下、 Zinrai)の自然言語処理技術と知識処理技術を用いて解析し、業務内容を分類し可視化するサービスです。どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを把握するため、業務内容を「作業」「対象」「テーマ」の3つの角度から解析します。また、マイクロソフトの対話型データ視覚化ツール「Microsoft Power BI」との連携により、解析結果を可視化し、多角的な分析を可能としています。

これにより、現状の業務内容における課題を具体的に把握でき、さらに可視化された結果を活用することで生産性向上に取り組み、効果を定量的に把握・検証することが可能になるなど、お客様の生産性や業務の質の向上を実現します。

同時に、導入支援や働き方改革に向けたシナリオ作成のコンサルティングなどの各種サービスとあわせ、本サービスの導入から継続的な効果のモニタリングまで、お客様の働き方改革をトータルに支援します。

各解析データの処理と画面イメージ

富士通の社内実践

富士通では本サービスの開発に先立ち、AIにより日々の業務を分類・可視化し、さらにAIの精度向上を図る社内実践を開始しました。AI技術「Zinrai」を活用し、従業員約2000人の「Microsoft 365」のデータやPCの利用状況から、従業員ひとり一人がどのような作業を、どのような目的で、誰と行っているかを軸に業務内容を分類し、どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを可視化し、さらにダッシュボードで分析、評価しました。


業務の可視化イメージ

先行トライアル部門では、課題として見えてきた会議やコミュニケーションスタイルの見直しに取り組み、一人あたり平均で43分/日の時間を創出しました。これにより、企画業務などのコア業務により注力することが可能となり、業務全体に占めるコア業務の割合を16%増加させました。

サービス体系(製品ラインナップ)

製品名販売価格(税別)
FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard
基本サービス
1IDあたり月額1,200円より
FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard
PoCサービス
個別見積
FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard
導入支援サービス
FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard
AI運用支援サービス

FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboardに関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ