GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 技術者認定 >
  6. 受験したい方 >
  7. 資格一覧 >
  8. FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard

富士通ミドルウェアマスター
FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard

資格内容

資格名 FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard
概要 データベースシステムの設計・開発・導入・運用ができる技術者

試験内容

試験名 FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard
(LPI-JapanのOSS-DB技術者認定試験「OSS-DB Exam Silver」)
試験形式 CBT試験
試験時間 80分
認定条件
  • 「データベース Standard(「OSS-DB Exam Silver」)」試験に合格すること。
  • 「OSS-DB Exam Silver」試験に合格された方は、「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」資格の「認定申請」手続きをしてください。
    認定の条件」の「Professional データベース Standardの場合」を参照し、「認定申請」手続きをしていただくことで、「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」資格の認定を取得できます。
出題数 50問 / 1試験
合格点 64点
受験費用 15,000円(税抜)
詳細 OSS-DB SilverOpen a new windowをご参照ください。
(LPI-Japanのページへリンクします。)

受験申し込み方法

富士通ミドルウェアマスターの受験申し込みは、LPI-Japanのページから行ってください。

受験申し込み(新しいウィンドウで表示)
(LPI-Japanのページへリンクします。)

なお、オンサイトでの試験をご希望の場合は、富士通ミドルウェアマスター事務局まで、メールにてお問い合わせください(最小催行人数 20名)。
icon-mail 富士通ミドルウェアマスター事務局

 「Professional データベース Standard」資格を取得されている方へスキルアップのお勧め

「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」資格を取得されている方は、eラーニング 「PostgreSQL技術者のための富士通のデータベース適用」を受講し、eラーニング内のテストに合格するだけで、「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Enterprise V1」資格を取得することができます。
ぜひ、「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Enterprise V1」の受験をご検討ください。
資格および試験内容の詳細は、「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Enterprise V1」をご参照ください。

関連ページ

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)