GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 特集 >
  6. 第49回(平成28年度)市村産業賞功績賞を受賞

第49回(平成28年度)市村産業賞功績賞を受賞

公益財団法人 新技術開発財団が主催する「第49回 市村産業賞」において「超高性能かつ超高信頼なオンライン基幹システムの基盤技術開発」により「功績賞」を受賞しました。
去る、2017年4月26日(水曜日)に帝国ホテル(東京都千代田区)にて行われた贈呈式の様子をご紹介します。

案件名

超高性能かつ超高信頼なオンライン基幹システムの基盤技術開発

受賞者

富士通株式会社
プラットフォームソフトウェア事業本部 第一プラットフォームソフトウェア事業部  第四開発部

  • 部長 山本 昌司
  • シニアアーキテクト 飯野 健二
  • マネージャー 田中 環

受賞内容の詳細は、公式サイトをご覧ください。


開発者代表


展示パネルの前にて

受賞者のことば

由緒ある賞をいただき、大変光栄に思います。功績賞の受賞は富士通では15年ぶりとのことであり、喜びもひとしおです。
大規模な社会システムを高速に、安全に、業務を止めることなく動作させるための技術開発は、富士通のDNAとして継承されてきたものであると思っています。本賞の受賞は、このDNAを引き継ぎつつ、さらに変革した技術開発により、東京証券取引所様をはじめ日本経済を支えるコンピューターシステムの基盤を継続発展させてきたことが高く評価されたためと考えます。
この成果は、多くのシステム開発に関わったお客様、富士通の関係者、開発メンバーを含めた全員の力を地道に積み上げてきた結果と考えています。我々は「当たり前のことを、ばかにせず、ちゃんと、できるだけ、笑顔で、フットワークよく」をモットーにチームワークで技術開発を進めてきました。この受賞を励みにチームワークを強化して、技術開発成果を製品開発に活かしていきます。コンピューターシステムの高速化と高信頼化を変革する開発に今後も取り組み、お客様システムの安定稼働を支える基盤を実現します。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)