GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. イベント・セミナー >
  6. 富士通フォーラム2017 東京 富士通のミドルウェア 出展のご案内

富士通フォーラム2017 東京
富士通のミドルウェア出展のご案内

本イベントは終了いたしました。
おかげさまで多数のご来場いただき、盛況のうちに終了することができました。

Fujitsu Forum 2017 Human Centric Innovation Digital Co-creation【日時】2017年5月18日(木曜日)・19日(金曜日)10時から18時 【場所】東京国際フォーラム(有楽町) 【入場無料】 FUJITSUファミリ会共催

お客様・戦略パートナー様とのデジタル革新に向けた共創の取り組みと、IoT、AI、セキュリティ、モバイルなどの最先端のテクノロジーを実装したデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」について、セミナー、デモを通して幅広くご紹介させていただきます。

富士通のミドルウェアに関するカンファレンス / セミナー

カンファレンス / セミナーの聴講には、富士通フォーラム2017のページにて事前申し込み、または会期当日に地下1階当日受付での申し込みが必要となります。事前申し込みは以下のボタンからどうぞ!

お申し込みはこちら

C2-7[カンファレンス]

日時 2017年5月19日(金曜日) 16:30~18:00
タイトル [全般]デジタル時代を勝ち抜くシステム開発を考える
サービスを迅速に実装するために必要な開発環境とは
概要

デジタルビジネスを実現するシステムの開発では、最先端テクノロジーの積極的な活用だけでなく、そのサービスをいかに素早く実装できるかが重要です。デジタルテクノロジーの動向・展望と企業の具体的な挑戦事例を紹介するとともに、富士通が提供するAPIや開発環境の使い勝手と有効性を議論します。

パネルディスカッション

  • 株式会社巴コーポレーション
    顧問
    石津 治男 氏
  • パシフィックリーグマーケティング株式会社
    執行役員 COO/CMO
    根岸 友喜 氏
  • 株式会社ITR
    代表取締役 兼 プリンシパル・アナリスト
    内山 悟志 氏
  • 富士通株式会社
    執行役員
    今田 和雄

モデレータ

  • 株式会社日経BP
    執行役員 日経BP総研 イノベーションICT 研究所所長
    桔梗原 富夫 氏

S24-2[セミナー]《満席》

日時 2017年5月19日(金曜日) 14:30~15:20
タイトル [全般]デジタルビジネスをドライブするテクノロジー・インテグレーション
ニーズとシーズをエンゲージするマイクロサービス・アーキテクチャ
概要 数多くの共創実践から得られた知見を元に、デジタルビジネス創出時の課題であった、PoC/PoBの長期化を回避するテクノロジ・インテグレーションの取り組みを事例を交えてご紹介。ニーズとシーズの狭間を埋めるマイクロサービス・APIを活用し、デジタルビジネスの有効性検証を短時間・低コストで実現する仕組みを解説します。
講師 富士通株式会社

カンファレンス / セミナー聴講の事前申し込みは以下のボタンからどうぞ!

お申し込みはこちら

富士通のミドルウェアに関する展示デモ

展示デモのご見学には、富士通フォーラム2017のページにて事前申し込み、または会期当日に地下1階当日受付での申し込みが必要となります。事前申し込みは以下のボタンからどうぞ!

お申し込みはこちら

展示ゾーン
セキュリティ

タイトル VDI環境の安心対策~ウイルス感染PCの自動隔離~
関連情報
概要 ワークスタイル変革を実現するクライアント仮想化の基盤となるVDI環境において、ウイルス感染した仮想PCの自動隔離によりウイルス感染による被害の極小化を実現するVDIの安心対策ソリューションをご紹介します。

展示ゾーン
プラットフォーム

タイトル メインフレーム業務を活用したデジタル革新
関連情報
概要 Webブラウザからメインフレーム業務を操作する「FUJITSU Software WSMGR for Web」が新たにREST APIをサポートします。これにより、従来の基幹業務のソフトウェア資産に手を加えずに、メインフレームとSoE上のWebアプリケーションを連携させた新サービスが容易に実現可能となります。
本デモでは、メインフレーム上の在庫データを簡単にウェブ地図上に表示させる様子をご覧いただきます。

展示ゾーン
製造

タイトル ARを活用した3次元設計図と製造部材写真の重畳診断
関連情報
概要 近年、構造物の規模は大型化かつ複雑化する傾向にあり、実際に製造されたモノが、設計図面の内容と一致しているかを目視や人手によって正確かつ効率的に判定することが困難になってきています。
このような課題に対して、3D CADと製造部材写真を重ね合わせて比較・可視化するソリューションをご紹介します。

展示デモ見学の事前申し込みは以下のボタンからどうぞ!

お申し込みはこちら

(注)上記内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
最新情報は富士通フォーラム2017のページでご確認ください。
(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。