GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Interstage Business Application Server: Spring Securityに認証回避の脆弱性(CVE-2018-1199)(2018年4月17日)


本セキュリティサイトについてのご注意

1. 脆弱性の説明

Interstage Business Application Serverが提供するオープンJavaフレームワーク機能において、新たに、認証回避の脆弱性の問題が確認されました。

2. 脆弱性のもたらす脅威

オープンJavaフレームワーク機能TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x)で利用している、Spring Securityの認証機能の脆弱性により、第三者から細工されたリクエストを受け取ると、認証が回避される可能性あります。

本脆弱性の深刻度に関しては、「4. 関連情報」に記載のCVEの公開情報を参照願います。

3. 該当システム・対策情報

3-1.該当システム

PRIMEQUEST, PRIMERGY, GP5000, CELSIUS, FMV, PRIMEPOWER, GP7000F, GP-S, 富士通S Series, SPARC Enterprise, SPARC Servers, その他(AT互換機)

3-2.該当製品・対策Patch

製品名 バージョン 対象OS パッケージ名 Patch ID
Interstage Business Application Server Standard Edition 12.0 Windows Server 2012/ Windows Server 2016 FJSVibsjf T014063XP-02
Interstage Business Application Server Enterprise Edition 12.0 Windows Server 2012/ Windows Server 2016 FJSVibsjf T014063XP-02
Interstage Business Application Server Standard Edition 12.0 RHEL 6/ 7 FJSVibsjf T014062LP-02
Interstage Business Application Server Enterprise Edition 12.0 RHEL 6/ 7 FJSVibsjf T014062LP-02
Interstage Business Application Server Standard Edition 12.0 Solaris 10/ 11 FJSVibsjf T014064SP-02
Interstage Business Application Server Enterprise Edition 12.0 Solaris 10/ 11 FJSVibsjf T014064SP-02

参考: 該当製品の確認方法

製品のバージョンは、製品に添付されている「ソフトウェア説明書」で確認してください。

3-3. 回避方法

ありません。

4. 関連情報

5. 改版履歴

  • 2018年4月17日 新規掲載