GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. 導入事例>
  6. コスモエネルギーホールディングス株式会社様

月間約10万枚の発行を支える帳票基盤をオープン化
業務効率化と継続性の高い保守体制の整備も実現

コスモエネルギーホールディングス株式会社様 導入事例


大手石油元売会社でコスモエネルギーグループの持株会社であるコスモエネルギーホールディングス。毎月約10万枚の帳票を発行する帳票の基盤をメインフレームからオープン環境へ「FUJITSU Software Interstage List Creator」を採用して刷新した。
同時に、「FUJITSU Software Interstage List Works」で帳票を電子化し、リアルタイムで利用できるなど合理化にも貢献。従来と同等以上の性能と安定性、運用を維持しつつ、業務効率化を実現した。あわせて、オープン環境に移行したことでメインフレームの専門知識を持つ専任担当が不要になり、保守体制も整備できた。

[ 2016年7月8日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 製造 - 石油・化学
製品:
  • FUJITSU Software Interstage List Creator(帳票設計・生成)
  • FUJITSU Software Interstage List Works(電子帳票管理)
【課題と効果】
1 メインフレームの帳票基盤をオープン環境へ確実に移行したい オーバーレイの変換や再作成などでスムーズな移行を実現
2 帳票を扱う業務の時間と負荷を減らしたい 帳票の運用や印刷の最適化などで業務を効率化
3 電子帳票をオープン環境でも継続して利用したい サービスレベルを確保して、電子帳票のメリットを享受

icon-form本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

ピーク時は3万枚の帳票を4時間以内に発行・印刷する帳票基盤のオープン化に取り組む

コスモエネルギーグループはメッセージスローガン「ココロも満タンに」を掲げ、資源開発会社、供給会社、そして販売会社の3会社を中心に事業を展開する。
エネルギーの安定供給を使命とし、近年は風力発電による再生可能エネルギー事業にも注力している。

コスモエネルギーホールディングス株式会社 情報システム部 企画管理グループ長 和田 賢介 氏の写真
和田 賢介
コスモエネルギーホールディングス株式会社
情報システム部 企画管理グループ長

コスモエネルギーホールディングスは同グループの経営管理の一環として、情報システムの戦略的活用をけん引している。
同グループの情報システム会社であるコスモコンピュータセンターとの二人三脚で、グループ各社のシステム全般の企画開発、維持改善と安定運用を担う。
コスモエネルギーホールディングス株式会社 情報システム部 企画管理グループ長 和田 賢介 氏は「ICTの有効活用によるグループの業務合理化は大きな命題であり、継続的に取り組んでいます」と話す。

同グループでは特約店や一般企業など全国の取引先向けに、請求書などの帳票を毎月約10万枚発行。発送先は約2000件にのぼる。

株式会社コスモコンピュータセンター 技術サービス部 基幹グループ 深水 和歩 氏は「月2回のピーク時には発送に間に合わせるため、約3万枚という大量の帳票を4時間以内に発行・印刷する必要があり、高い性能と安定性が求められます。さらに、帳票の内容も送付先によって異なるため、印刷内容を間違えることなく、それぞれ異なる帳票を確実に届ける必要があります」と語る。

従来は、社内帳票を含む帳票発行のための基盤を富士通のメインフレームで構築し、安定稼働を長年続けてきた。
1997年のSAP導入以来、システムのオープン化を段階的に進めてきたが、2013年にメインフレームの保守切れを控えていたこと、ハードウェアの信頼性や費用対効果などの諸条件が整ったことを機に、帳票基盤のオープン化による全面刷新に着手した。あわせて、帳票関連の業務効率化も狙った。

株式会社コスモコンピュータセンター 技術サービス部 基幹グループ 深水 和歩 氏の写真
深水 和歩
株式会社コスモコンピュータセンター
技術サービス部 基幹グループ

株式会社コスモコンピュータセンター 技術サービス部 ネットワークグループ長 小池 竜太 氏の写真
小池 竜太
株式会社コスモコンピュータセンター
技術サービス部 ネットワークグループ長

株式会社コスモコンピュータセンター 技術サービス部 ネットワークグループ長 小池 竜太 氏は「刷新後もメインフレームと同等の性能と安定性の確保は必須です。同時に、既存帳票のスムーズな移行、メインフレーム運用時と同等の帳票出力の結果も問われました。特にオーバーレイについては、ADJUST制御文で記述された定義体を効率よくオープン環境へ移行したいと考えていました」と振り返る。

深水氏は「従来は、プレプリント用紙(注1)を活用していたため、罫線や項目名などの定型部分を印刷した用紙を事前に用意する必要があり、時間も費用もかかっていました。また、スプロケットの専用用紙(注2)を使っていたため、出力後にミシン目に沿って帳票を切り離す作業も毎回必要でした」と明かす。

帳票の電子化はメインフレーム時代から、Interstage List Worksで実施済みであった。
「電子帳票は遠隔地の拠点でも、帳票を発行後にリアルタイムで利用でき、合理化に貢献していました。今回の刷新でも、メインフレーム帳票と同様の運用をオープン環境でも実現することが目標でした」と深水氏は話す。

帳票基盤を刷新するプロジェクト全体では、コスト削減とともに、オープン化による保守人材の確保・育成も目標の一つであった。
「メインフレームを熟知した技術者が定年退職で年々減っており、技術者をより確保・育成しやすいオープン環境への移行を決意しました」(小池氏)。

導入のポイント

帳票基盤には「Interstage List Creator」をあらたに採用
帳票の電子化は「Interstage List Works」を継続利用

小池氏は「コストをはじめ、700を超えるチェック項目によって複数ベンダーの提案を比較検討しました。メインフレームでの長年の実績、当社の業務やシステムを熟知していることなども含め、総合的に判断して富士通に決めました」と語る。

帳票基盤には、Interstage List Creatorを新たに導入。帳票の電子化には安定稼働の実績を評価し、Interstage List Worksを継続して利用することにした。
「Interstage List Creatorデザイナでの帳票設計の機能や使い勝手のよさ、Interstage List Worksとの親和性などから採用を決めました」(深水氏)。

システム概要

オーバーレイを帳票イメージから自動認識・生成可能
プリンタもリプレースして汎用性と保守性を向上

2014年8月からWindowsをプラットフォームにシステム構築をスタート。「基幹システムや共通インフラ環境は費用対効果からWindowsが優勢だと判断し、帳票基盤もプラットフォームをそろえました。サーバは仮想化し、プリンタは小型でより汎用性と保守性が高い機種にリプレースしました」と深水氏は説明する。

帳票は約1400種類、オーバーレイは約130種類を移行した。
その際に重宝したのが、紙帳票からスキャンした帳票イメージから高精度で自動認識して、オーバーレイ・出力項目を自動で生成できるInterstage List Creatorデザイナの機能だ。
「紙帳票の帳票イメージをスキャンし、オーバーレイ・出力項目を自動で生成できたため、紙の既存資産も活用できました」(深水氏)。

仕分けサーバは他ベンダー製品で別途構築し、Interstage List Creator Connectorにより電子帳票サーバおよびプリントサーバと連携する構成とした。

和田氏は「富士通のSEは力量が高く、業務の事情でカットオーバー延期が許されない中、間に合わせてくれて頼もしかったですね」と評価する。

導入効果と今後の展望

帳票業務の効率化に加えオープン化で保守人材の確保・育成も円滑に

2カ月間の並行稼働を経て、2015年10月に切り替えが完了。安定稼働を続けている。
「当初の目標通り、メインフレームの帳票基盤をオープン環境へスムーズに移行できました。請求書印刷のピーク時も目標時間内に印刷を完了でき、従来と同等以上の性能と安定性を確保できています。出力結果にも満足しています」と語る深水氏。

帳票関連の業務効率化も狙い通りの成果が得られた。
「Interstage List Creatorの導入で、特殊なサイズの帳票でも定型部分を事前に印刷するプレプリントが必要なくなり、印刷時間を短縮できました。また、カット用紙に印刷できるプリンタを使えるようになったことで、従来以上の品質で帳票を出力でき、出力後の帳票を切り離す作業も不要になりました」と小池氏は語る。
あわせて、Interstage List Creatorデザイナによる帳票設計業務の効率化も達成した。

Interstage List Worksで出力した電子帳票は、「刷新後も従来と遜色ない運用を実現しました。電子帳票の一元管理など、合理化のメリットを引き続き享受できています」と株式会社コスモコンピュータセンター 販売システム部 物流グループ長 仲澤 栄明 氏は手応えを感じている。

和田氏はプロジェクト全体を総括し、「オープン化によって、システムライフサイクル全体で運用コストを年間約3分の1削減できる見込みです。加えて、技術者をより確保・育成しやすくなり、将来を見据えた帳票基盤を整備できました」と述べる。

株式会社コスモコンピュータセンター 販売システム部 物流グループ長 仲澤 栄明 氏の写真
仲澤 栄明
株式会社コスモコンピュータセンター
販売システム部 物流グループ長

コスモエネルギーホールディングス株式会社様導入事例 システム概要図
【コスモエネルギーホールディングス株式会社様導入事例 システム概要図】

今後は、帳票基盤の合理化をより推進するとともに、利便性のさらなる向上も構想している。
「例えば、営業担当者がスマートデバイスを使い、外出先などで帳票を利活用できる仕組みを、セキュリティを担保しつつ構築したいですね」(和田氏)。

コスモエネルギーホールディングス株式会社様、株式会社コスモコンピュータセンター様と富士通営業/SE
コスモエネルギーホールディングス株式会社様、株式会社コスモコンピュータセンター様と富士通営業/SE

【コスモエネルギーホールディングス株式会社様 概要】
社名 コスモエネルギーホールディングス株式会社
本社所在地 東京都港区芝浦1丁目1番1号
設立 2015年10月1日
資本金 400億円(2016年6月現在)
代表取締役社長 森川 桂造
従業員数 157人
事業概要 コスモエネルギーグループの持株会社。資源開発事業、リテール事業、風力発電を中心とした再生可能エネルギー事業を成長ドライバーと位置づけ、グローバルな垂直型一貫総合エネルギー企業として事業を推進
ホームページ コスモエネルギーホールディングス株式会社様 ホームページOpen a new window

他の導入事例

この事例を見た方にお勧めするページ

  • 第一実業株式会社 様

    基幹システム内製のCOBOLアプリケーションをマイグレーション
    オンライン帳票をPDF化し、グローバルでのデータ連携や経営の可視化も実現

  • 富士ゼロックス株式会社 様

    多言語対応の帳票基盤の整備でビジネスのグローバル展開を強化

【ご紹介した製品】

【導入事例(PDF版)】

用語解説

注1: プレプリント用紙
社名やロゴマーク、罫線などをあらかじめ印刷した特殊用紙
注2: スプロケットの専用用紙
明細書などの印刷で使われる切断が可能なミシン目の付いている連続した専用用紙の一つで連続帳票とも言う

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)