GTM-MML4VXJ
Skip to main content

業務を止めずにサーバ監視システムをリプレース
高品質を維持したままコスト削減を実現

AJS株式会社様 導入事例


AJS株式会社は顧客のサーバ監視業務で、静観監視における現場担当者の負荷や監視システムの可用性などに課題を抱えていた。そこで、監視システムを富士通のSystemwalker Centric Managerにリプレース。Systemwalker Operation Managerを組み合わせて静観監視を自動化し、監視業務の負荷軽減と精度向上を実現した。監視サーバ台数を6分の1以下に削減。さらに災対構成を実現して可用性を向上。独自ツール開発などのAJSならではの工夫も活かし、顧客の業務を止めずにリプレースを成功させ、監視品質の維持やコスト削減を実現している。

[ 2016年1月29日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 情報産業・通信
製品:
  • FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager(ライフサイクル管理)
  • FUJITSU Software Systemwalker Operation Manager(ジョブ自動運転)
【課題と効果】
1 サーバの静観監視業務の作業効率を上げたい フィルタリングや定義切り替えの自動化で監視業務の負荷を軽減
2 監視システムの可用性を適正なコストで向上させたい 標準機能での災対構成によって低コストで可用性向上
3 顧客業務への影響なしに、監視品質を維持して移行したい 業務を止めることなく、従来と同品質の監視システムを実現

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

サーバの静観監視で現場に大きな負荷
可用性の向上や業務を止めないリプレースも命題

AJS株式会社 常務執行役員 IT基盤事業部 事業部長 山崎 和人 氏の写真
山崎 和人
AJS株式会社
常務執行役員 IT基盤事業部 事業部長

ITホールディングスグループの中核を担うAJS。25年以上にわたり旭化成グループの情報システムの開発・運用保守の実績を持つ。
AJS株式会社の山崎 和人 氏は「近年は旭化成グループのSAP統合を行うなど、約3万ユーザーに上る大規模環境で培った豊富な経験とゆるぎない技術、独自のノウハウを強みにソリューションを提供しています。さらにこれら自社の強みを活かしたソリューションのグループ外への横展開にも注力しています」と語る。

同社の業務の一つが基幹システムのサーバ監視である。
約500台のサーバを対象に、高い業務継続性を維持するため24時間365日体制で監視している。

従来は監視システムに海外ベンダー製品を使用していたが、様々な課題が浮かび上がっていた。

サーバ監視では、毎日数万件発生するイベントをチェックする。
定期メンテナンスやオフラインバックアップ、障害対応などの最中、発生するイベントの約9割は既知の事象であり、対応せずに静観(無視)する「静観監視」を着実に行う必要がある。

同社の神谷 栄二 氏は「従来、毎日の夜間オフラインバックアップでは、オペレーターがイベントを目視で静観の対象かどうか判断していました。安定した監視品質を維持するため、現場に多大な負荷をかけていたのです」と明かす。

AJS株式会社 IT基盤事業部 IT基盤サービス企画室 企画グループ グループ長 兼)延岡IT基盤センター カスタマーサービスグループ グループ長 神谷 栄二 氏の写真
神谷 栄二
AJS株式会社
IT基盤事業部 IT基盤サービス企画室 企画グループ グループ長 兼)延岡IT基盤センター カスタマーサービスグループ グループ長

AJS株式会社 IT基盤事業部 共通システムサービス部 コーポレートウェアグループ 主査 河野 一彦 氏の写真
河野 一彦
AJS株式会社
IT基盤事業部 共通システムサービス部 コーポレートウェアグループ 主査

可用性の向上も課題であった。
同社の河野 一彦 氏は「従来、監視サーバは1拠点のみに設置・稼働しており、災害発生時の可用性に不安がありました。遠隔地でニ重化する災害対策を行い、かつ、実現コストは極力抑えたいと考えていました」と振り返る。
また、従来の監視システムは下位バージョンとの互換性が低く、監視されるサーバのバージョンごとに監視サーバが必要だった。
その結果、監視サーバは3世代で13台に増え複雑化した上、ハードウェアやライセンスのコストも問題視されていた。

2013年5月、監視システムのハードウェア / ソフトウェアが保守切れを迎えた。

従来製品を継続使用するにしても、移行のための相当なバージョンアップ作業が発生することから、Systemwalkerへのリプレースを選択した。
「お客様の業務を極力止めずに、従前と同等の監視品質を保ったままリプレースすることが目標でした。そのうえで、業務効率やコストの課題解決にも取り組みました」と神谷氏は話す。

リプレース中はサーバの再起動も問題となる。顧客のシステムは様々なサーバが混在し、依存関係が把握しづらくなっていた。
業務を継続しながらリプレースを進めるために再起動はどうしても避けたかった。

導入のポイント

監視システムに富士通のSystemwalker Centric Managerを採用
クラスタ構成は不要、標準機能のみで災対構成

複数ベンダーのシステム統合監視製品を比較検討した結果、富士通のSystemwalker Centric Manager、運用スケジュールの制御にSystemwalker Operation Managerの導入を決めた。

選定ポイントの一つが静観監視機能の幅広さだ。
他製品では対象が死活監視など基本的な監視に限られている。同社の萩原 貴之 氏は「Systemwalker Centric Managerなら通常の監視と静観監視の切り替えを定義変更で自動化できます。そのうえ、ログ監視までカバーしてくれます」と評価する。

災対構成の実現方法も選定の大きな理由となった。
「Systemwalker Centric Managerなら他製品と違い、高価なクラスタ構成を追加せずに冗長化が可能です」と河野氏は説明する。
さらに、Systemwalker Centric Managerはクラスタと異なり、監視サーバの切り替えが不要なため24時間継続した監視ができ、自身のプロセスの稼働状況も監視できる。この点も魅力だった。

AJS株式会社 IT基盤事業部 プラットフォームサービス部 構築グループ 萩原 貴之 氏の写真
萩原 貴之
AJS株式会社
IT基盤事業部 プラットフォームサービス部 構築グループ

AJS株式会社 IT基盤事業部 延岡センター オペレーショングループ 設定チーム チームリーダー 川越 政美 氏の写真
川越 政美
AJS株式会社
IT基盤事業部 延岡センター オペレーショングループ 設定チーム チームリーダー

Systemwalker Operation Managerはスケジュール設定の柔軟性が評価された。
同社の川越 政美 氏は「お客様独自の特殊な日程に基づくカレンダーでも、Systemwalker Operation Managerならジョブの実行状況の監視に対して容易に対応が可能です」と利点を述べる。

同時に品質とサポートも重視した。
「両製品とも日本製ならではの高品質です。当社はメインフレーム時代から富士通ユーザーであり、富士通の販売パートナーである都築電気も含めた的確な対応、手厚いサポートの実績に大きな信頼を置いています」(山崎氏)。

システム概要

独自ツールを開発し、設定の引き継ぎの効率化と精度を向上
Systemwalker Operation Managerで静観監視を自動切り替え

システム構築ではリプレースに際し、「従来システムから設定を引き継ぐための変換ツールを独自に開発して利用しました」(河野氏)など効率アップと精度の向上を図った。

静観監視については、静観するイベントの判断をフィルタリングで自動化。通常の監視と静観監視の切り替えも定義ファイルの切り替えを自動化することで実現した。
「さらにはSystemwalker Operation Managerと組み合わせ、定義ファイルを曜日や時間帯に応じて自動で切り替え可能にしました」(川越氏)。
監視設定は正規表現ベース、フィルタリング定義は付属のツールEvent Designerを使ってExcelベースで行えるようにした。

監視サーバは首都圏と九州のデータセンターで冗長化して災対構成にし、新監視システムとして2015年5月にカットオーバー。「従来システムの設定を確実に引き継ぐため、並行稼働による検証期間を半年以上設けており現在も継続中です。構築やテストでは、富士通のかゆいところに手が届くサポートや質問に対する素早い回答に助けられましたね」(神谷氏)。

AJS株式会社様が導入したシステムの概要図です
【AJS株式会社様導入事例 システム概要図】

導入効果と今後の展望

自動化で静観監視を最適化し、担当者の負荷を軽減
可用性向上とともに監視サーバ台数を6分の1以下に削減

AJSは監視システムのリプレースにより各課題を解決した。
静観監視を自動化できたことで、「オフラインバックアップ中のログ監視も含め、目視による監視は一切不要になりました。通常の監視と静観監視の自動切り替えも併せ、監視業務の大幅な負荷軽減と精度向上を達成できました」と萩原氏。山崎氏は「担当者がより付加価値の高い業務に注力できるようになっただけでなく、切り替えのスケジュール設定もお客様の細かい要望により応えられます」と続ける。

監視設定は従来、独自言語と専用ツールが必須であり、難易度が高く工数もかかっていたが、「標準技術の正規表現ベースなのでテキストエディタさえあれば簡単に設定できます。フィルタリングの定義は使い慣れたExcelなので、監視設定の難易度が低くなり、その結果、設定作業全体がより効率化され、工数も半減できました」(川越氏)。

可用性の面でも、「災対構成はSystemwalker Centric Managerの標準機能のみで実現できたため、最適コストの下に可用性を大幅に向上できました。自身の稼働監視も実装でき、コスト削減につながっています。信頼性も従来製品より高く、もし障害が発生しても確実に通知してくれるので、監視システム全体の可用性向上に寄与できました」と萩原氏は語る。

監視サーバ構成も最適化できた。Systemwalker Centric Managerは下位バージョンとの互換性が高く、世代ごとに監視サーバを立てる必要がなくなった。
「監視サーバは13台から2台に集約でき、コストや管理負荷を大幅に削減できました」(河野氏)。

さらには、エージェント導入後に再起動不要などのSystemwalker Centric Managerの特長にAJSの独自の変換ツールや並行稼働などの工夫が加わったことで、「お客様のシステムを停止せずに、従前と同等の品質を維持したまま監視システムをリプレースできました」と神谷氏は強調する。

AJSは今後、セキュリティ強化なども併せトータルでのサービス品質の向上を進めていく。
その中でICT資産管理などSystemwalker Centric Managerの他機能も有効活用する。
「今回のリプレースで得た技術やノウハウ、作成した独自ツールなどを活かし、監視システムの移行ソリューションとして旭化成グループ以外にも外販していきます」と山崎氏は今後の抱負を語った。

AJS株式会社様
AJS株式会社様

【AJS株式会社様 概要】
社名AJS株式会社
本社所在地東京都新宿区西新宿8-17-1
設立1987年3月
資本金8億円
代表取締役社長河﨑 一範
従業員数545人(2015年3月)
事業概要基幹システムの開発/保守/運用/コンサルティング、基幹系データを活用する業務ソリューション、パッケージ開発・販売を柱に事業を展開。ITホールディングスグループの中核を担うSI企業。
AJS株式会社様 会社ロゴマーク
ホームページAJS株式会社様 ホームページOpen a new window

他の導入事例

この事例を見た方にお勧めするページ

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)