GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Linuxソリューション

運用コストを削減したい、増えすぎたサーバを統合したい、稼働させたシステムは安定運用させたい。このようにシステムの運用にあたっては様々な課題に直面します。また、これからLinuxを使ってみたいと思っているが、どんなことができるのかよくわからないので詳しいことを知りたい、と思われている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、Linuxでどのようなことができるのか、どのような効果を享受できるのかについて、システム別、目的別に分類して紹介していきます。

システム別

フロントエンドシステム

 Red Hat Enterprise Linuxによるフロントエンドシステム別の構築例を紹介しています。

メールサーバ | webサーバ | 
DNSサーバ | プロキシサーバ | ファイルサーバ

基幹業務システム

 ミッションクリティカルシステムを実現する富士通の技術力を紹介しています。

目的別

サーバ統合

 KVMによるサーバ統合により初期導入コスト、運用コストを削減します。              
 

長期利用

 PRIMEQUESTロングライフモデル+Red Hat Enterprise Linux+富士通ミドルウェアの組み合わせを提案します。                   

事業継続

 投資負担を軽減して災害時に備えるために、KVMによる仮想化を提案します。                   
 

プライベートクラウド化による基盤最適化

 プライベートクラウド化による管理負荷の軽減とインフラ構築時間の短縮を提案します。

安定運用

 システムが停止する可能性を極力排除し、システムが停止した際に素早く復旧させます。
 

オープン化と資産移行

 メインフレームのオープン化、UNIX資産のLinux移行を提案します。                              
 

資産継承

 既存環境の継承にKVMによる仮想化を提案します。