GTM-MML4VXJ
Skip to main content

オフィスの電子文書へアクセス権を与えて情報漏えい防止
Systemwalker Desktop Rights Master

本製品は2011年6月30日をもって販売を終了いたしました。

後継製品

本製品の後継製品は「Rightspia® for Secure Document」(富士通エフサス製)です。

Systemwalker Desktop Rights Master(システムウォーカー デスクトップ ライツ マスター)は、共有フォルダに登録された電子文書(Microsoft Office文書・PDF文書・テキスト・イメージ)をファイル単位でアクセス制御することで、情報漏洩を防止します。いつでもどこでもアクセス制御が働きますので、不正持ち出し、不正コピー、廃棄機器・媒体、盗難など、悪意の不正アクセスがあっても、漏洩の脅威から機密情報を守ることができます。