Skip to main content

パソコンからの情報漏えい防止、印刷量の見える化
FUJITSU Software
Systemwalker Desktop Keeper

Systemwalker Desktop Keeper (システムウォーカー デスクトップ キーパー )は、情報漏えいリスクとなりうるパソコンの操作を記録したり、組織内にある電子情報の流出(ファイル持ち出し、印刷)を防止できます。また、記録・収集されたパソコン操作ログ、ファイル操作ログを一元管理します。更に、環境負荷低減に貢献するためのグリーンICT(注1)対策として、パソコンからの印刷を制限することで紙の使用量を削減します。パソコン操作の傾向分析によりセキュリティポリシーの遵守状況の確認やセキュリティリスクの分析ができる各種帳票、紙使用量の削減状況が分かる帳票の作成が可能です。さらに、スマートデバイス(注2)において、接続制限やアプリ起動の禁止などの制御で、利用時の情報漏洩抑止効果も期待できます。1つの管理サーバで、多言語環境のパソコンやスマートデバイスを管理できます。

(注1)グリーンICT: 省電力化・小型化など環境に配慮したICT機器や、導入により環境負荷を低減する効果があるICTソリューションの総称。

(注2)スマートデバイス対応状況については、「スマートデバイスにおける動作条件」をご覧ください。

Systemwalker Desktop Keeperが選ばれる理由

パソコン操作の制限による情報漏えいの防止
外部記憶媒体へのデータ書き込み・メール添付・印刷を禁止することで…

クライアント操作の傾向分析
収集した操作ログにより、さまざまな視点で情報漏えいの可能性のある各種操作毎にリスク傾向を…

印刷コストの見える化
全社または部門単位で印刷ページ数削減による「印刷用紙代とCO2排出量の削減効果」を把握…

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)