GTM-MML4VXJ
Skip to main content

流通BMS(次世代EDI)の全てのプロトコルに対応したEDIサーバ用製品
FUJITSU Software
ACMS EDI-BASE

「FUJITSU Software ACMS EDI-BASE」流通BMS(次世代EDI)の全てのプロトコルに対応したEDIサーバ用製品

ACMS EDI-BASE(エーシーエムエス イーディーアイ ベース)は、B2B環境を構築する上で不可欠な国内外の標準プロトコルやデータ変換機能、ジョブ管理機能、スケジューリング機能などを幅広く提供し、従来型EDIはもとより、JX手順やebXML/MS(流通標準)などの流通BMS注1-1に適用させることができ、それらを全て統合的に運用管理することができます。また、分散サーバ・アーキテクチャーによりセキュリティやシステム拡張、負荷軽減のために各機能を分散配置することが可能で、分散した機能を全て統合的に運用管理することができます。

ACMS EDI-BASE 構成図

【ACMS EDI-BASE 構成図】

注1-1  流通サプライチェーン全体の取り組みが消費者に対して全体最適な仕組みとなることを目的に経済産業省が平成15年度から進めてきた、製(メーカー)、配(卸)、販(小売)三層間の情報連携を効率化する「流通システム標準化事業」の成果として平成19年4月に公開されたのが、インターネット対応の新たな流通EDI標準「流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)」です。

ACMS EDI-BASEが選ばれる理由

国内外のさまざまな業界標準に準拠
企業間のシステム間連携においては、国内外の標準化機構、業界団体の取り決めた通信プロトコルや…

運用・操作の簡易性
データの転送から加工、業務プログラム、パッケージの連携を定義、実行、監視することができ…

トピックス

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)