GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SOAに対応したメインフレーム連携ソフトウェア
FUJITSU Software
Interstage Host Access Service

Interstage Host Access Service(インターステージ ホスト アクセス サービス)は、メインフレームのアプリケーションを、そのままSOA(Service Oriented Architecture)のサービスとして活用できます。既存業務に影響を与えることなく、容易に新規業務の構築が可能です。

Interstage Host Access Service 構成図

(注1) シナリオエディタは本製品に同梱しています。

(注2) Interstage Interaction Managerを推奨します。

Interstage Host Access Serviceが選ばれる理由

Webサービスとして活用 arrow-double
メインフレームのアプリケーションを変更せずにオープン環境からWebサービスとして…

業務画面を自由に設計 arrow-double
メインフレームの専門知識がなくても、メインフレームにアクセスするJavaインターフェース…

販売情報

  • 2013年4月10日
    Interstage Host Access Service V10.0.1 Windows(x86) 販売開始

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)