GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software Interstage
コンセプト

SOA(注)に基づきシステム全体を最適化することで、ビジネスの成長を加速するビジネスアプリケーション基盤です。

(注)Service Oriented Architecture : 業務ビジネス単位にサービスを整理し、連携させ、柔軟な企業システムを構築する考え方

企業を取り巻く環境は大きく変化しており、継続的に企業価値を向上させていくことが求められています。企業価値をより高めるために、設備投資の主眼は単なる「ICTインフラの整備」を超え、「経営視点でのICT投資(商品力の強化、現場と経営の直結、投資リターン(ROI)の最大化)」にシフトしてきているといえます。

戦略的なICT投資には、個々のシステムで改善を実施する部分最適だけでなく、「人」、「業務プロセス」、「ICT資産」、「情報」について、全体を一体として見える化し、ビジネスのスピードを向上させるためのシステムの全体最適が必要です。

Interstageは、SOAに基づきサービスを整理し、業務システム全体を最適化していくことで、お客様のビジネス成長を加速するビジネスアプリケーション基盤です。

全体最適化は、「人」、「業務プロセス」、「ICT資産(業務アプリケーション資産)」、「情報」の全体を見える化することから始め、段階的に変更していくことで、最終ゴールであるお客様の全体最適のモデルへ、効果的に到達することを可能にします。この方法に適しているのがSOAの考え方です。
Interstage SOAの考え方

Interstageは、「アプリケーション & サービス管理」、「情報統合・活用」のカテゴリーからなる製品群で構成されています。

Interstage コンセプト図

アプリケーション & サービス管理

業務の見える化とプロセス変革で競争力強化を実現


  • 複数の業務画面を統合し、利用者の業務効率を向上
  • 問題発生の予兆を検出し、業務プロセスをタイムリーに改善
  • 既存システムと業務パッケージの連携を容易にし、ビジネス変化に即応
  • トラブルの事前回避と自動復旧で24時間365日安定稼働
  • 開発資産の一元管理と開発プロセスの統制により、アプリケーション開発のミスを防止

情報統合・活用

企業活動の様々な現場データを自在に統合して情報活用を実現


  • ISVを含めた幅広い活用ツールにより、様々な利用シーンでデータを活用
  • 複雑なデータ処理の統合管理により、変化する要求に迅速に対応
  • データ形式の変化や量の増加に対応できるストレージにより、多種多量のデータを漏れなく蓄積

適用例

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)