GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. 製品サポート情報>
  5. IP-900E,IP-920E,IP-920E ⁄ DC <ウルトラ低遅延優先>動作時の不具合について

IP-900E,IP-920E,IP-920E ⁄ DC <ウルトラ低遅延優先>動作時の不具合について

掲載日:2015年4月20日

1.概要

不具合内容

符号化制御モード<ウルトラ低遅延優先>時かつオーディオフォーマット<MPEG-2 AAC動作>時、または、符号化制御モード<ウルトラ低遅延優先>時かつビデオレート<600kbps以下>時において、デバイスリセット処理が発生し、映像・音声の途切れや装置再起動が発生する場合があります。

回避方法

符号化制御モード<ウルトラ低遅延優先>を使用する場合、オーディオフォーマットを<MPEG-1 レイヤ2>に設定、かつビデオレートを<601kbps以上>に設定することで上記不具合を回避できます。

2.該当製品

本問題の影響を受けるIPシリーズ及び、ファームウェア版数は下記の通りです。
(注)低遅延オプション適用機種のみが対象となります。

製品 ファームウェア版数
IP-900E V02L030以降
IP-920E V02L030以降
IP-920E ⁄ DC V02L030以降

3.対処版数、時期

製品 版数 提供時期
IP-900E V02L040 2015年5月13日
IP-920E V02L040 2015年5月13日
IP-920E ⁄ DC V02L040 2015年5月13日

以上

課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)