GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. セキュリティ/帯域制御/リモートアクセス >
  5. タニウム社製セキュリティ製品Tanium Endpoint Platform

タニウム社製セキュリティ製品Tanium Endpoint Platform

Tanium Endpoint Platformは、タニウム社の独自技術により大規模な環境においても高速にPC・サーバ等の端末の状態を一元的に可視化し、管理機能と端末を制御する対処機能を提供するプラットフォームです。モジュールを追加することで、衛生管理(サイバー・ハイジーン)などに利用可能です。

特長

従来のIT資産管理システム(ハブ&スポークモデル)では、情報収集に全ての端末とサーバ間の通信が発生するため、システムの拡大に伴いサーバを増設する必要やネットワーク負荷が大きくなるなどの等の課題があります。

タニウム社が開発し特許を取得しているリニアチェーン方式は、複数の端末が1つのグループを形成し、グループ内で情報を伝達します。サーバの要求もグループの代表が応答するため、端末が増加してもサーバの増設は不要、かつ数十万台でもネットワーク負荷を与えずに管理することが可能です。

図:既存ツール郡の一般的なアーキテクチャ「ハブ&スポークモデル」と、タニウムのみが実現可能なアーキテクチャ「リニアチェーン方式」

主な機能

衛生管理(サイバー・ハイジーン)

全台数の衛生管理の徹底が可能:刻々と変化する状況はリアルタイムでなければ対応できません。

Tanium Endpoint Platformなら、非管理端末の可視化も含め1万台でも10万台でも数十秒以内で全数の現状を可視化できます。

セキュリティ管理の徹底

Windows10はパッチサイズが数GBにもなっており、社内ネットワークの帯域を圧迫します。またWSUSやSCCMを利用していても、管理できない端末が非常に多く未適用はセキュリティの脆弱性となります。

Tanium Endpoint Platformならリニアチェーン方式によりネットワークに負荷を掛けず数GBのパッチを配信が行え、非管理端末の可視化によりパッチの適用漏れを無くすことが可能です。またWSUSと併せて利用し、パッチ管理と配信を分けた最適化も可能です。

構成例

図:構成例

製品仕様

製品の仕様については、下記のPDFファイルをご参照ください。
Tanium Endpoint Platform製品仕様一覧 (243 KB/A4, 8 pages)

関連サービス

タニウム社HP

タニウム合同会社
https://jp.tanium.com/

タニウム米国本社
https://www.tanium.com/

タニウム製品を利用する際は、End User License Agreement(EULA)への同意が必要となります。
要件については、下記サイトを参照下さい。
End User License Agreement
https://www.tanium.com/EULA/

タニウム社製 セキュリティ製品 脅威対策プラットフォームに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

資料請求・購入相談

技術お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)