GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Thin Client Solution
モバらくだVirtual Browser

「モバらくだVirtual Browser」は、ネットワーク上に強固なセキュリティのしくみを構築することで、既存のWebベースの社内システムやクラウドサービスに手を加えることなく、どんなスマートデバイスからも、「安全かつ快適」に業務ができる環境を実現します。

m-smartdevice_outline.jpg

特長

画面転送技術により既存の社内Webシステムを改修することなく、
スマートデバイスで利用可能

通常、FlashやActiveXを含むコンテンツはスマートデバイスでは表示されず、スマートデバイス用に改修が必要となります。「モバらくだVirtual Browser」では画面転送技術によりPC用サイトをスマートデバイスでそのまま閲覧可能であるため、既存の社内Webシステムをスマートデバイス用に改修する必要はありません。 (注1)

m-smartdevice_p01.gif

シングルサインオンにより、複数ID/パスワード入力の煩わしさを解消

シングルサインオン(SSO)によりシステム毎のID/パスワード入力が不要であるため入力の煩わさを解消します。また、ActiveDirectory/LDAPとも連携可能で、使い慣れたID/パスワードでログインが可能です。 (注2)

m-smartdevice_p02.gif

認証連携により、クラウドサービスにおけるセキュリティを強化

クラウドサービスとの認証連携により利用者へパスワードを通知する必要がありません(秘匿化)。これによりクラウドサービスの私的(不正)利用や退職者におる情報漏えいを抑制できます。

m-smartdevice_p03.gif

画面転送方式なので、使い慣れた個人端末で安心業務利用(BYOD)

画面転送方式で端末にデータを残さないため、万が一の端末紛失時も情報漏えいのリスクがなく使い慣れた個人端末でも安心して業務利用が可能です。

m-smartdevice_p04.gif

運用形態に合わせた細やかなアクセス制御が可能

時間帯、利用者毎にアクセス可能なメニューを動的に生成するため、運用形態に合わせたアクセス制限を実現します。

(注1)リバースプロキシを経由する場合、Flash/ActiveXコンテンツの内容によって利用できない場合があります。
(注2)現状、検証済の認証連携が可能なクラウドサービスは Salesforceです。社内WebシステムのSSOについては該当システムの認証方式の変更が必要、またはSSOが実現できない場合があります。

商品一覧

モバらくだVirtual Browser 商品一覧
品名 型名 価格(税別) 備考
モバらくだVirtual Browser
基本ソフト
FSPJ43111 1,200,000 必須ソフトウェア
モバらくだVirtual Browser
SSO拡張ソフト
FSPJ43211 3,200,000 社内WebシステムSSO接続時に必要
モバらくだVirtual Browser
基本ソフト利用ライセンス10
FSPJ45111 67,000 10ユーザ利用許可ライセンス、年額
モバらくだVirtual Browser
基本ソフト利用ライセンス100
FSPJ45121 600,000 100ユーザ利用許可ライセンス、年額
モバらくだVirtual Browser
基本ソフト利用ライセンス500
FSPJ45131 2,700,000 500ユーザ利用許可ライセンス、年額
ご相談・お問い合わせはこちら

モバらくだ Virtual Browser 導入事例

富士通ネットワークソリューションズ株式会社製
リモートアクセス製品 モバらくだシリーズ

└  モバらくだ for PC  |  モバらくだVirtual Browser  |

富士通ネットワークソリューションズ株式会社製
リモートアクセス製品 モバらくだVirtual Browserに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

資料請求・購入相談

技術お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)