GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Public Sector Solution
高密度センシングシステム ME-700

概要

高密度センシングシステム「ME-700」とは、監視サーバ・中継装置・アドホック中継/観測装置・センサーで構成され、センサーから収集された各種センシング情報をアドホック無線 (注) で伝送し観測したい地点の各種情報を監視するシステムです。

(注)アドホック無線

  • 自動的に経路を組み替えて最適ルートを選択します。
  • 故障が発生してもリルートを実施しリカバーします。
  • 端末局を中継してホップ(経由)するので小電力無線でも遠方との通信が可能です。
adhoc_image.jpg
ご相談・お問い合わせはこちら

高密度センシングシステム「ME-700」を利用した河川管理のシステムイメージ

本システムは、近年増加傾向にある局地的かつ集中的なゲリラ豪雨に迅速に対応するシステムです。従来の水防テレメータシステムに比べ、装置構成がシンプル(太陽電池や無線通信により電源や通信ケーブルが不要)となっており、柔軟に観測局を整備することが可能です。
そのため、従来の10km~15kmの観測間隔に対し、より高密度に観測局を整備し、きめ細やかな河川情報の収集・提供を行うことが可能です。
また、これまでの無線通信は、通信経路が固定の単一無線となっておりましたが、本システムでは通信ルートを自動的に組み替えるアドホック無線を使用しており、より一層信頼性の向上が図れます。

高密度センシングシステム「ME-700」を利用した河川管理のイメージは下図を参照ください。
将来的には、河川での観測だけでなく、道路の冠水検知、浸水センサー(街中)、ため池での観測等で利用できるようになります。

system_image.jpg

NETIS番号: QS-090024-V(2010年12月現在)

本システムは、国土交通省が運営するデータベースシステム「NETIS」(新技術情報提供システム-New Technology Information System-)に登録しております。

Green Policy Innovationロゴマーク

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
「ARGUS」は、富士通の 「環境貢献ソリューション」に認定されております。

その他への適用(将来)

将来的には、組み合わせるセンサーにより、災害現場や施設(橋、ダム等)監視、管理などさまざまな用途に展開予定。

河川

use01.jpg

道路

use02.jpg

浸水センサー(街中)

use03.jpg

ため池

use04.jpg

高密度センシングシステム ME-700

└  

公共システムを支えるネットワーク製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)