GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Security Solution
施設総合管理システム Futuric

ビル管理システム「Futuric」シリーズは、建物内の電力、空調、照明、防犯、防災などの設備を統合監視するオープン化対応のBA(ビルオートメーション)システムです。

システムの基幹系ネットワークは、米国冷暖房空調工業会(ASHRAE)で制定されISO規格にもなっているオープンプロコトル(BACnet® (注1) )に準拠しています。また、ローカル系ネットワークとして、米国エシェロン社のオープンプロトコルであるLonWorks® (注2) にも対応しています。さらに、監視画面には最新のテクノロジを駆使し、ヒューマンセントリックで操作者にやさしいオペレーションを実現しています。

(注1)BACnet(A Data Communication Protocol for Building Automation and Control Networks)
米国冷暖房空調工学会(ASHRAE)で制定されたビルディングオートメーション
システム用の通信プロトコル。

(注2)LonWorks*2(Local Opereting Networks)
さまざまな種類の制御系機器の相互接続を目的に、米国のエシェロン社が開発したオープンプロトコルネットワーク技術

システムの特長

高信頼・高性能データベースソフトウェアを採用

最大管理点数200,000点以上(EX200の場合)を効率よくデータ収集・データ蓄積、閲覧するために、富士通の高信頼・高性能データベース管理ソフトウェア「FUJITSU Software Symfoware」を採用。可用性と拡張性に優れ、データ収集のマルチスレッド化により、マルチベンダーシステムにおける効率的な収集を実現し、停止しない高信頼システムを提供します。

シングルオペレーションの実現

1台のモニタ上で、監視制御、ビル運営管理、OAソフトの3つの機能を提供するシングルオペレーションを実現します。

高機能でヒューマンセントリックな操作性

B-OWSの監視・操作画面を大幅に改善し、表現豊かで、ヒューマンセントリックな操作性(操作者にやさしい)を実現しました。

システム構成例  Futuric/SXシリーズ

システム構成例  Futuric/EX200

FUJITSU Security Solution 施設総合管理システム Futuric 導入事例

課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

施設総合管理システム「Futuric」シリーズに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)