GTM-MML4VXJ
Skip to main content

イベント・セミナー

[更新日 2018年11月16日]

Okinawa Open Days 2018
富士通ブースのご案内

本イベントは、SDN技術/クラウド技術の融合・具体的な実装(ユースケース)・オープンソースといったキーワードをテーマとした、オープンな「技術開発、テストベッドの構築・運用、人材育成・交流」などSDNおよびOpenStackを完全に融合した国際イベントです。
オープンソースを中心としたSDI技術、国内外、特にアジア各国のネットワーキングの接点を持てる場です。

富士通ブースでは「FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービス」および「ダイナミックマップ2.0コンソーシアムの活動紹介」のデモ展示を行います。

開催概要

会期 2018年 12月 4日(火曜日)~ 5日(水曜日) 9:時~17時30分
12月 6日(木曜日)9時~15時30分
会場 沖縄県市町村自治会館 自治会館ホール
〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37
モノレール:旭橋駅より徒歩5分 / 車:那覇空港より10分

入場料・
事前登録について
入場無料(事前登録制)
(注)公式Webサイトより事前登録をお願いします。
https://www.okinawaopendays.com/ 新規ウィンドウが開きます
ご案内 ご案内状 (837 KB)

Okinawa Open Days 2018 Web事前登録はこちら



展示内容

FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービスのご紹介

概要

ブロックチェーンの活用により、企業や組織が保有するデータの概要情報をポータルサイト上で安心・安全に共有することで、異業種間共創を実現するデータ流通・利活用サービスです。多様なデータのつながりを見える化し、統合されたコミュニケーション機能によりアイデア創出・具体化を促進します。さらに、異なる企業間で必要な実データの受け渡しを簡単かつ安全に実現できます。

展示内容

こんな課題はありませんか?
  • 社内にデータはあるけど、どのようにデータ利活用できるか分からない
  • ブロックチェーンに乗り遅れたくない
  • 異業種の共創ビジネスにつながるようなアイデア・他社との接点はない
新しいビジネス創出を促進します
  • 組織が保有するデータを異業種間で流通してデータ利活用を促進
  • 「実データ」は共有の場に流さず、「データジャケット(注) 」によってデータ共有
  • データのつながりの見える化から、新たなサービスやビジネスアイデアを発掘・創出

(注): データジャケットは大澤幸生、早矢仕晃章の商標です。

ダイナミックマップ2.0コンソーシアムの活動紹介

概要

富士通ではコネクテッドカーネットワークに関する活動の一つとして、名古屋大学が主催している産学共同のダイナミックマップ2.0コンソーシアムに参加しています。このコンソーシアムではクラウド、エッジ、組込みをカバーする、ダイナミックマップのソフトウェアプラットフォームに関する研究開発を行っています。具体的な活動は以下の5つです。

  1. クラウド、エッジ、組込みの環境を連携させる分散データ処理機構を備えたデータストリーム管理システム(DSMS)の設計と実装
  2. ダイナミックマップにおける、静的、準静的、準動的、動的情報のデータ定義の検討
  3. ダイナミックマップで用いられる通信方式の検討と評価
  4. ダイナミックマップの利便性を訴求するユースケースの検討と具体的な交通アプリケーションの開発
  5. ダイナミックマップの実験評価

展示内容

ブースでは上記ダイナミックマッププラットフォーム上に実装した合流調停アプリケーションを使い、人が運転するドライブシミュレータの車と、交通シミュレータで発生させた仮想車の間の合流調停の動画をご紹介いたします。

お問い合わせ先

富士通株式会社 社会基盤ビジネス本部 グローバル第一ビジネス統括部
担当: 加藤
icon-telephone Tel: 03-6252-2315


富士通で開催中のイベント・セミナーは、富士通のイベント・セミナーをご覧下さい。

製品に関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KVMKS8