GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network リアルタイム映像伝送装置 IP-HE950

IP-HE950カタログ (442 KB, 2 pages)

IP-HE950

IP-HE950は、最新の映像符号化技術H.265/HEVCを採用したリアルタイム映像伝送装置です。H.265はH.264の約2倍の圧縮効率を実現します。高性能LSIを採用し、1Uハーフラックサイズの小型筺体で4K映像のリアルタイム伝送を実現します。

お問い合わせ
ダウンロード

特長

(注) 1部エンハンス機能を含みます。

1Uハーフラックサイズ

1Uハーフラックサイズの小型筐体を実現します。フロントに操作パネルを実装し、PCレスの制御が可能です。

SD~4Kに対応

標準機能でSD~HDの映像に、オプション追加で4K映像に対応します。HDで導入し、4K映像の環境整備に合わせて4Kにアップグレードする事で、効率的な設備投資が可能です。また、映像信号のフォーマットを自動認識し、フォーマットに合わせた符号化を行います。

エラー訂正機能

IPシリーズで実績のあるFEC/ARQの組み合わせによるエラー訂正機能、業界標準のSMPTE-2022-1を実装し、強力なエラー訂正機能を提供します。2系統のLANインタフェースの実装による冗長化に対応し、より強固なネットワークエラー耐性を実現します。

素材伝送に必要な機能

4:2:2フォーマット、8chオーディオに対応し、アンシラリーデータ転送機能を実装します。

多様な入出力インタフェース

装置本体に実装したBNCコネクターは12G/3G/HD/SD-SDIに対応します。また、SFPを採用し、HDMIやSDI over IPなどの新しい映像インタフェースにも対応します。

映像蓄積・ファイル転送

符号化した映像・音声を装置内に蓄積し、任意のタイミングで取り出しできます。オフラインで蓄積し、後から転送することも可能です。

デュアルエンコード機能

プロキシ映像を同時伝送でき、複数地点の映像を集めて、送出映像を選択するアプリケーションなどに利用可能です。

IP-HE950 システムイメージ

PDF  のリンク先をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe Reader (無償) が必要です。Adobe Reader をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)