GTM-MML4VXJ
Skip to main content

高品質・高信頼

 

ストレージの設計、製造から導入、運用まで安全品質を徹底追求。また豊富な実績に基づく提案力やサポート・サービス力など総合力を活かし、お客様をきめ細かく支援します。

高品質・高信頼 導入の課題&効果

お客様の課題と効果の一例をご紹介します。

課題   効果
重要な研究データが消失することのないように可用性を高めたい   36TBをRAID6で構成し容量の確保と高可用性を実現。重要な研究データの保全性を向上

 千葉大学真菌医学研究センター様 導入事例

基幹システムの安定稼働を実現したい   システム障害時、迅速な復旧を実現するETERNUS DX200 S3のOPC機能による高速バックアップ、ETERNUS LT20 S2による遠隔地でのテープ保管、VMware HAの利用で業務継続性を向上

 株式会社ハニーズ様 導入事例

安全品質をベースにお客様をきめ細かく支援

ICT 利活用のベースを担うのがストレージです。ストレージの導入、運用において、富士通では安全品質への徹底した取り組みをベースに、豊富な実績に基づく提案力やサポート・サービス力など総合力を活かし、お客様をきめ細かく支援します。富士通はこれからも安全品質を基点としたストレージシステムを開発し、お客様へ安心のインフラ基盤を提供していきます。

限界環境に耐えた部品のみ採用

富士通のストレージは、設計から量産、品質管理に至るまで国内で一貫して製造しています。そのため保守・技術サポートについては他社、特に外資系のベンダーよりもアドバンテージがあります。さらに、メインフレームをはじめ、ミッションクリティカルな社会基盤システムを支える富士通の品質保証体制により、設計から製造に至る全工程で徹底して品質を強化し、高信頼を確立しています。

  • コンポーネントの冗長化/活性交換
    あらゆるコンポーネントを完全に冗長化し、信頼性を確保していることはもとより、その活性交換と活性増設が可能です。例えば、ディスクが故障する予兆を検出し、自動的にバックグラウンド処理でホットスペアディスクにリビルドするなど、冗長性を維持したまま、故障ディスクドライブを活性交換できます。
  • 限界環境による部品寿命の加速評価
    低温-35℃や高温100℃/湿度92%の環境での24時間動作や起動確認など、限界環境で検証しています。
  • 全回路素子の擬似故障評価
    故障発生時において確実なリカバリーが行われ、業務が継続されることを検証しています。
    情報伝達・制御経路の完全性と安全性を保証します。

 

グローバルに展開するETERNUS

日本国内で開発・製造し、厳しい耐久試験をクリアした高品質・高信頼なFUJITSU Storage ETERNUSは、2009年6月より全世界に向けて販売を開始。現在、日本、アジア、オセアニア、欧州、米州などの80か国以上でETERNUSが導入されています。また、世界7拠点にインターオペラビリティ検証環境設備「Platform Solution Center」を設置し、様々なサーバプラットフォームとの相互接続性検証を実施しています。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS