GTM-MML4VXJ
Skip to main content

バックアップとは

企業で利用するデータのほとんどは、デジタルデータとして保存されています。しかし、人為的なミス、コンピュータ・ウイルス、機器類の故障、事故、天災などが原因で、データを一瞬にして失う可能性があります。コンピュータに保存されたデータやプログラムを破損やコンピュータ・ウイルス感染から守るために別の記憶装置に保管することをバックアップといいます。

バックアップとは

企業ではビジネスの持続性を維持するために業務に必要なデータを定期的にバックアップしています。また、大掛かりなシステム変更やシステム・リプレース時には、移行時のトラブルによるデータの消失などに備え、バックアップを行うことが一般化しています。 このバックアップのメディアにはハードディスク(以下、HDD)、テープ、そしてDVDやCD、SSDなどさまざまな形態が存在しています。
現在、大容量・低価格なSATAドライブが普及したことにより、D2D(Disk to Disk)方式のバックアップを採用する企業が増えてきています。しかし、すべてのシステムにおいてD2Dが最適かというと、環境によってはそうではない場合もあります。
ストレージの検討には、「人為的ミスの回避」、「コスト」、「長期・大容量の保存性」など、個々の環境に求められた要件に従い、ディスクか、テープか、あるいはその組み合わせかを選択していくことが必要です。

各バックアップ方式の特長を知り、あなたの環境に取り入れよう

ここでは代表的なバックアップ方式であるディスクバックアップ(D2D方式)とテープバックアップ(D2T方式)、その組み合わせであるD2D2T方式について比較しながら「選択するポイント」をあげていきます。

ディスクバックアップ(D2D方式)

NASやSANなどのネットワークストレージ技術とRAID技術の発達により、固定ディスクであるHDDはバックアップメディアとして使われる機会が増えています。磁気テープにバックアップを取る前の1次バックアップ用途としてもHDDは注目されています。ディスクバックアップは、高速という特長を備えているため、バックアップの頻度が高い場合やデータ同期が求められるような場合に適しています。また、バックアップやリストアの所要時間を1分でも短縮したいミッションクリティカルな用途にも向いています。

テープバックアップ(D2T方式)

データ保護に求められる要件とコストバランスを満たす最も現実的な手法はテープバックアップです。一見、古い手法と思われがちですが、技術的に進化を続け、今でもディスクバックアップを補完するものとして十分に活用されています。テープには大容量、低コストいうメリットに加えて搬送もできるという魅力があります。そのため、データ量が多く長期にわたって保存する必要がある場合や、搬送したとしてもトータルコストを抑えたいというニーズに適しています。この長期保存・大容量・低コストを可能とするテープバックアップは、事業継続の「セーフティネット」として重要な役割を担っています。

ディスクバックアップ+テープバックアップ(D2D2T方式)

ディスクサブシステムとテープストレージを用いて2段階のバックアップを行う手法です。まずは本稼働のデータをHDDにバックアップした後、長期保存が必要なデータ(アーカイブデータ)をテープに保存する方式です。直近のまだテープに移動していないデータを高速にリストアでき、ディスクの備える高速性とランダムアクセスそしてテープの持つ長期保存性を同時に活かした方式といえます。

IT技術の進化や新たなビジネスモデルの登場などにより、バックアップへの要件も多様化、複雑化し、高速、高性能のバックアップ、リストアがますます求められていくでしょう。

掲載日:2010年3月12日

関連製品

ETERNUS LT series 製品図

データを暗号化し、情報漏洩と機密情報の改ざんを防止
テープライブラリ

書庫探コンテンツ情報

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS