GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ETERNUS TR6000 series 仮想化環境専用ストレージ 新登場

ETERNUS TR6000 series 仮想化環境専用ストレージ 新登場

すべてオールフラッシュ!仮想化環境専用ストレージ お求めやすいエントリーモデルからハイエンドモデルまで 【FUJITSU Storage ETERNUS TR6000 series 仮想化環境専用ストレージ】

掲載日: 2017年9月20日

エンタープライズ市場ではより仮想化率の上昇と高機能化が進み、ビッグデータ解析など、以前では想定していなかったような大規模処理が仮想化環境で稼働しています。
こうした新しい仮想化の用途に対応するため、お求めやすいエントリーモデル(500VM)から、最上位モデル(7,500VM)まで、すべてオールフラッシュの仮想化環境専用ストレージ「ETERNUS TR6000 series」を発表しました。

ETERNUS TR6000 seriesはエントリーからハイエンドまで4モデルをラインナップし、従来機比注1最大1.5倍の性能と、最大645TBの実効容量(従来機比の2.1倍)注1を確保し、さらに高い処理性能でシンプルで安定した運用を実現します。

(注1) ETERNUS TR5000 seriesとの比較

TR6000 series 製品ラインナップ図

[補足]
・実効容量はRAID6にてフォーマットし、重複排除、圧縮機能により得られる平均的な容量です。お客様の使用環境によって使用可能容量は異なります。
・最大VM数は実効容量や処理能力に制限されます。I/O性能はiops値です。
・記載の仕様・諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。

主な機能

ETERNUS TR6000 seriesはETERNUS TR800 series/TR5000 seriesより提供している機能を完全サポートしつつ、更なる機能強化も図っています。

  • マルチテナント(ホスト)サポートで、Quota管理を提供
    従来から提供のサブディレクトリ毎のマウント可能なハイパーバイザーホストの制御機能に加え、サブディレクトリ毎のQuota管理機能を提供します。
  • 同期レプリケーションをサポートし、RPO=0の復旧が可能(オプション)
    従来から提供の非同期でのリプリケーション(最短15分間隔の世代管理および、最短1分間のデータ保護)に加え、十分な帯域のある環境では、同期レプリケーション機能が利用できます。これによりRP0(Recovery Point Objection)が0の復旧も可能となります。
  • 複数台のETERNUS TR間でのVM Scale-outをホストの負荷なしでサポート(オプション)
    数台のETERNUS TRを管理するソフトウェア TR Global Centerで提供するVM Scale-out機能では、ホストに負担をかけずに、ETERNUS TR間でVM および過去に取られたSnapshotを移行します。
  • クラウドへのバックアップをサポート(オプションとして提供予定)
    レプリケーション先として、別のETERNUS TRに加え、クラウドサービスも選択できます。バックアップ、アーカイブ、リストアが、その為の機器を用意せずに実現できます。

関連情報

1分でマスター!オールフラッシュ ~基礎から実践まで~

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS